著者 清久 正夫|
発行日 1959
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
13巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 清久 正夫|
発行日 1961
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
18巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 大原農業研究所|
発行日 1977-03
出版物タイトル 農学研究
56巻
3号
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/okadaironkou/60061
フルテキストURL okadaironkou_37_9_17.pdf
著者 錦織 浩文|
出版物タイトル 岡大国文論稿
発行日 2009-03-31
37号
開始ページ 9
終了ページ 17
ISSN 0386-3123
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 40016721200
JaLCDOI 10.18926/okadaironkou/60213
フルテキストURL okadaironkou_27_1_9.pdf
著者 錦織 浩文|
出版物タイトル 岡大国文論稿
発行日 1999-03-31
27号
開始ページ 1
終了ページ 9
ISSN 0386-3123
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/okadaironkou/60265
フルテキストURL okadaironkou_23_1_12.pdf
著者 錦織 浩文|
出版物タイトル 岡大国文論稿
発行日 1995-03-31
23号
開始ページ 1
終了ページ 12
ISSN 0386-3123
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/okadaironkou/60068
フルテキストURL okadaironkou_36_12_22.pdf
著者 錦織 浩文|
出版物タイトル 岡大国文論稿
発行日 2008-03-31
36号
開始ページ 12
終了ページ 22
ISSN 0386-3123
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 40016119179
フルテキストURL persica_047_029_042.pdf
著者 漆畑 祐佳|
出版物タイトル Persica
発行日 2020-03-31
47巻
開始ページ 29
終了ページ 42
ISSN 0389-7788
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/14361
タイトル(別表記) The effects made on "The General Health" and on "Acceptance to School Life" by constituent factors of "Belongingness to Classroom Group" of high school students
フルテキストURL 006_111_118.pdf
著者 本多 公子| 井上 祥治|
抄録 本研究では、「高等学校における学級集団帰属意識尺度」を用いて、高等学校における学級集団への帰属意識と精神的健康度、及び学校生活への適応感との関連について分析することを目的とした。まず、「高等学校における学級集団帰属意識」を構成する3因子の構造を「帰属疎外感」→「学級からの受容感」→「学級の魅力」とし、その最初の2因子「帰属疎外感」と「学級からの受容感」を取り上げ、それぞれの得点の平均値を基準に高群と低群に分け、4つのタイプに分類した。そして、それらと自尊感情、GHQ及び学校生活適応感尺度の各因子得点に対して一元配置の分散分析を行ったところ、「不安」や「不眠」、「身体的症状」といった精神的健康上の問題や、自尊感情や「友人関係」、「特別活動への参加態度」など社会的意味をもつものとの関連が示唆された。
抄録(別表記) This study aimed at analyzing correlations between "Belongingness to Classroom Group", "The General Health" and "Adjustment to School Life", by using "Belongingness to Classroom Group Scale in high school" As a first step, causal analysi was used to determine temporary orders of three factors which constitute "Belongingness to Classroom Group in high school", and the earliest two factors of "Obstacle to Belongigness" and "Acceptance from Classroom" were taken up and, on the basis of an average of scores obtained, a high group and a low group were arranged to make them classified into 4 types. Then, one way analysis of variance was used for scores obtained by each factor of "Self-Esteem", "G.H.Q"., "Adjustment to School Life", and of above-mentioned 4 types. As a result, It was suggested that there were positive correlations with problems of the general health such as uneasiness, sleeplessness or physical symptoms, as well as with the matters having social significance like self-esteem, friendship, participation in special activity, and etc.
キーワード 学級からの受容感 (Acceptance from Classroom) 帰属疎外感 (Obstacle to Belongingness) 学級の魅力 (Attraction of Classroom) 精神健康度 (The General Health) 学校生活適応感 (Adjustment to School Life)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2006-03-25
6巻
1号
開始ページ 111
終了ページ 118
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308026
JaLCDOI 10.18926/14370
タイトル(別表記) Microorganisms in High School Sciences : How They Are Dealt With
フルテキストURL 007_021_026.pdf
著者 浦川 洋平| 柿原 聖治|
抄録 本研究では、学習指導要領と教科書の分析、新聞記事の検索やアンケートを行うことによって、高校理科における「微生物」に関する学習の現状と問題点を探求した。 その結果、地球環境/健康/食料生産に関与する微生物については多く科目で取扱われていた。その一方でバイオマスからエネルギーを製造に関与する微生物については、社会的に注目されているにもかかわらず十分な学習内容が構成されていなかった。
抄録(別表記) We grasped the state of how microorganisms were dealt with, and found the problems involved, by analyzing curriculum guidelines and high school textbooks, searching for newspaper articles, and gathering questionnaires. In this survey, it was found that microorganisms relating to the global environment/ health/ food production were treated in considerable detail in many textbooks, while microorganisms relating to energy production derived from the biomass were played down and not treated preperly in all textbooks, though it is drawing a great deal of public attention.
キーワード 高校理科 (High School Science) 微生物 (Microorganism) バイオテクノロジー (Biotechnology) バイオマスエネルギー (Boomass Energy)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2007-03-10
7巻
1号
開始ページ 21
終了ページ 26
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308263
著者 柿原 聖治| 玄 紅嬌|
発行日 2006
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
132巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 柿原 聖治| 玄 紅嬌|
発行日 2006
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
132巻
1号
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/14353
タイトル(別表記) A Research on Concepts of Particle for Substance in High School Chemistry
フルテキストURL 006_033_038.pdf
著者 喜多 雅一| 渡邊 敏夫| ギルバート オンウ|
抄録 中学校理科、並びに高校化学における基礎概念の物質の粒子概念や原子・分子の粒子としての表現についてある普通科高校の高校生1年から3年までの全クラスの生徒997名対象に、イメージ図を用いて理解度を測定する目的で調査を行い、イメージとして物質の粒子概念が高校生にどうとらえられているかを明らかにした。この結果より全般的に基礎知識の理解とその応用について不十分であることがわかった。また、全学年で化学変化と物理変化の違いについてイメージができておらず、化学の本質の理解の点で問題点があることがわかった。
抄録(別表記) We have carried out a research on concepts of particle for substance in high school chemistry and junior high school natural science by questionair method with image schema. One of the purposes is the measurement of high school students' understanding depth on substance aas particles. The result shows that many students cannot distinguish pure substance, pure element, pure compound and so many students do not understand physical and chemical changes. Our conclusion is that there are some issues on chemistry culiculum and textbooks in the basic and fundamental level.
キーワード 中学校理科(natural science in Junior high school level) 高校化学(high school chemistry) 粒子概念(concept of particles) 純物質と混合物(pure substance and mixture) 化学反応(chemical reaction)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2006-03-25
6巻
1号
開始ページ 33
終了ページ 38
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308087
著者 平野 圭一| 川上 公一| 大月 一泰|
発行日 1998-06-13
出版物タイトル 岡山大学算数・数学教育学会誌 : パピルス
5巻
資料タイプ 紀要論文
著者 柳谷 昌彦| 上前 智| 白神 智行| 田村 隆| 稲垣 賢二|
発行日 2009-02
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
98巻
1号
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/20007
タイトル(別表記) Development of "A Training Course to Cultivate the Abilities Required for Teachers," a Program to Bring on Teachers with a High Degree of Specialization and Practical Leadership - Towards the Building of a Program for Undergraduate Education
フルテキストURL 010_087_094.pdf
著者 松原 泰通| 柳原 正文| 山根 文男| 小川 潔| 山﨑 光洋| 笠原 和彦| 木多 功彦|
抄録 学級崩壊,心の病に陥る教師,増えるクレーマー等々の現実に,学生たちも教員採用試験に合格してから,教壇に立つことの責任の重さ,自分の指導力の未熟さを痛感し,押しつぶされそうになる。この状態を少しでも克服していくため教師力育成講座を開講することとした。不易と流行の両方の観点から具体的な教育課題を現職の小・中学校長に提案してもらい,それらの課題解決を通して教師力を育成していくことを目指す。また,他学部の教員志望学生や大学院生等にも参加を呼びかけ,志を一にする学生同士が互いに切磋琢磨し,より幅広い確かな教師力の育成に資するものである。
抄録(別表記) Circumstances surrounding today’s schools are becoming increasingly harsh, as evidenced by the prevalence of dysfunctional classrooms, teachers who suffer mental illnesses, and excessively demanding students and their parents who complain at every opportunity. Even after passing the teacher employment examinations, students become overwhelmed with the daunting responsibilities of standing at the podium as a teacher, and are made painfully aware of their immature leadership skills. To overcome these problems as much as possible, we have decided to offer a training course to cultivate the abilities required for teachers. The aims are to have individuals currently serving as elementary and middle school principals propose concrete educational challenges from the perspectives of continuity and change, and to have the participants nurture their "power as teachers" through addressing those challenges. Students of other departments as well as graduate students hoping to become teachers are also encouraged to take part. The friendly competition and camaraderie among students who share the same aspirations and interests will contribute to fostering an even broader and sound power as teachers.
キーワード 教師力 (abilities required for teachers) 実践的な指導力 (practical leadership capabilities) 現職校長 (individuals currently serving as school principal) 教育課題 (educational challenges)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2010-03-10
10巻
1号
開始ページ 87
終了ページ 94
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
著作権者 岡山大学教育学部附属教育実践総合センター
論文のバージョン publisher
NAID 120002310781
JaLCDOI 10.18926/CTED/49513
タイトル(別表記) Development of “A Training Course to Cultivate the Abilities Required for Teachers (4):a Program to Bring on Teachers with a High Degree of Specialization and Practical Leadership- To Cultivate the Practical Leadership Required for Teachers -
フルテキストURL cted_003_125_132.pdf
著者 松原 泰通| 小川 潔|
抄録  平成21度より,年6回のペースで始めた本講座は,今年度で4年目となった。当初は,学生たちが,教員採用試験に合格したにもかかわらず,現場に出ることに不安感を持ち,相談に訪れることから,教師力をつけて,自信を持って卒業していけるようにしてやりたいと考え,この講座を立ち上げたものである。  現在は,その上に,現場からも,社会的にも,即戦力としての新採用教員が求められており,その意味で,実践力のある教員として卒業させることが大切だと考えた。その内容を報告する。
キーワード 教師力 実践的指導力 教職支援 生徒指導力 人間関係づくり
出版物タイトル 岡山大学教師教育開発センター紀要
発行日 2013-03-08
3巻
開始ページ 125
終了ページ 132
ISSN 2186-1323
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2013 岡山大学教師教育開発センター
論文のバージョン publisher
NAID 120005232456
JaLCDOI 10.18926/CTED/48203
タイトル(別表記) Development of “A Training Course to Cultivate the Abilities Required for Teachers (3): a Program to Bring on Teachers with a High Degree of Specialization and Practical Leadership – Towards the Building of a Program for Undergraduate Education
フルテキストURL cted_002_144_153.pdf.pdf
著者 松原 泰通| 小川 潔| 山根 文男| 山﨑 光洋| 髙旗 浩志|
抄録 教師力養成講座は、学生のニーズや不安感に関わるテーマについて現場のトップリーダーとして活躍されている現職校長・教員から、その本質と課題解決に向けた取り組みの状況を迫力ある生の言葉で学生に語りかける形で行われた。学生達は、その生の言葉に魅了され、勇気がわき、教師の使命と責任の大きさ、そして、教職に真剣に向き合うことから生まれる充実感に気づいてきた。センターが全学化されたことにより、教育学部以外の学生の積極的な参加が目立つようになり、教育学部生にも刺激となっている。DVDに録画、編集したものを参加できなかった学生たちに視聴させている。徐々に、視聴する学生が増加しDVDの有効性が感じられる。来年度はDVDを一層活用させ教師力の育成に役立てたい。
キーワード 教師力 実践的指導力 教職相談 授業力 学級づくり
出版物タイトル 岡山大学教師教育開発センター紀要
発行日 2012-03-19
2巻
開始ページ 144
終了ページ 153
ISSN 2186-1323
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2012 岡山大学教師教育開発センター
論文のバージョン publisher
NAID 120003987700
JaLCDOI 10.18926/CTED/44378
タイトル(別表記) Development of “A Training Course to Cultivate the Abilities Required for Teachers,” a Program to Bring on Teachers with a High Degree of Specialization and Practical Leadership – An Expansion of Functions of the Teaching Profession Counseling Room toward the Building of an All-Campus Course of Study for the Teaching Profession
フルテキストURL cted_001_069_076.pdf
著者 松原 泰通| 山根 文男| 小川 潔| 江木 英二| 曽田 佳代子| 山﨑 光洋| 笠原 和彦| 髙旗 浩志| 木多 功彦|
抄録 岡山大学教師教育開発センターは,教職支援部門を中心として前身の岡山大学教育学部附属教育実践総合センターから取り組んできた「高度な専門性と実践的な指導力を有する教師の育成プログラム(教師力育成講座)の開発・実践を行っている。受講生に対するアンケート調査の結果から,本年度の講座も学生のニーズを的確にとらえた,質の高い内容を提供できていることが明らかになった。センターの全学化に伴い,昨年度は全体で4名であった他学部の受講生が,本年度は25名に増えた。講座の在り方を見直すための新しい視点として,講師を担当した校長先生からの意見聴取を行ない,これまでの取り組みを再検討した。その結果,学生自身の「気づき」に重点に置いた新しい全体構想図を作成した。
キーワード 教師力 (abilities required for teachers) 実践的な指導力 (practical leadership capabilities) 現職校長 (individuals currently serving as school principal) 学生同士の討論 教育課題 (educational challenges)
出版物タイトル 岡山大学教師教育開発センター紀要
発行日 2011-03-10
1巻
開始ページ 69
終了ページ 76
ISSN 2186-1323
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2011 岡山大学教師教育開発センター
論文のバージョン publisher
NAID 120002835652
JaLCDOI 10.18926/CTED/52294
タイトル(別表記) Development of “A Training Course to Cultivate the Abilities Required for Teachers (5) a Program to Bring on Teachers with a High Degree of Specialization and Practical Leadership – To Cultivate the Practical Leadership Required for Teachers –
フルテキストURL cted_004_097_106.pdf
著者 武藤 幹夫| 小川 潔| 小林 清太郎|
抄録  「教師力養成講座」の実施は,本年度で5年目を迎えた。採用試験に合格した学生は,昨今の教育現場で課題となっている学級崩壊,いじめ,不登校などの情報を耳にしたり,自分自身の指導力や経験の不足を自覚したりして,教壇に立つことへの不安感を強めている。一方,時代の流れの中で,教育現場や社会からは,即戦力としての新採用教員が求められている。この講座は,学校現場で実践されている前向きな取り組みをしっかりと伝えることで,学生の不安感を軽減し実践的指導力を高めることをねらいとして取り組んできた。少しずつ改善を図りながら歩んできた平成25 年度の本講座の内容を,受講者数や受講者のアンケートを手がかりにして振り返り,第6回講座までの内容を報告する。
キーワード 教師力 実践的指導力 教育課題 現場の教員 学生同士の討論
出版物タイトル 岡山大学教師教育開発センター紀要
発行日 2014-03-10
4巻
開始ページ 97
終了ページ 106
ISSN 2186-1323
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2014 岡山大学教師教育開発センター
論文のバージョン publisher
NAID 120005398258