JaLCDOI 10.18926/15108
タイトル(別表記) The New Type of Lectures on the Development of Science Teaching Plans and Materials Tried in the Department ofEducation
フルテキストURL 009_097_102.pdf
著者 稲田 佳彦| 入江 泉| 跡部 紘三| 安藤 元紀| 石川 彰彦| 宇野 康司| 小倉 久和| 柿原 聖治| 加藤 内蔵進| 喜多 雅一| 田中 賢二|
抄録 岡山大学教育学部の理科教育講座に所属する3年生を対象に,理科教材・授業案開発を指向した新しい講義を始めたのでその報告を行う。本講義では,近隣の小,中学校や公民館,科学館等の協力も得て実践の場を確保し,開発した教材や授業案を実践することで生きた教材開発の訓練を行なうことを目指している。教科内容学担当教員と教科教育学担当教員の協働を模索すると同時に,大学教員の教科内容の専門知識や技量を教材や授業案に有効に活用できる講義を意識した。
抄録(別表記) This is a report of the new type of lectures on the development of teaching plans and teaching materials attempted in the science class for 3rd grade students in the Department of Education Okayama Universlty. The students practiced the development of teaching plans and teaching materials, and they conducted their activities not only at university but also at the neighboring schools, the public hall, the science museum etc. We expected the development of further collaboration in the academic staffs in the science education course, and the science abilities will be helpful for the development of teaching plans and teaching materials.
キーワード 学部講義 教材授業案開発 (Development of Teaching Plans and Teaching Materials) 授業実践 (Education practice) 理科教育 (Science Education Class) 新カリキュラム (New Curriculum)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2009-03-10
9巻
1号
開始ページ 97
終了ページ 102
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307783
JaLCDOI 10.18926/14369
タイトル(別表記) Science Teaching to Develop Pupils' Scientific Viewpoints and Ways of Thinking : The Possibility for Instructing the 'Energy Conversion' in Elementary School Science
フルテキストURL 007_009_019.pdf
著者 高原 芳明| 渡部 陽平| 堀之内 裕子| 金 万旭| 金 長善| 河田 有紀| 吉岡 勉| 平山 元士| 稲田 佳彦| 柿原 聖治| 喜多 雅一|
抄録 小学校中学年B区分の学習内容を相互に関連付けて考えるための視点として「エネルギー変換」を取り上げ、これをキーワードにした教材開発と授業設計を行った。岡山大学教育学部附属小学校の第4学年の児童を対象に研究授業を行い、児童の変容を学習の記録や授業前後のコンセプトマップの記述をもとに分析した。その結果、児童の中には、既習事項である「光」「熱」「電気」「力」とそれらがもたらす現象とを、相互に関連付けて考えようとする反応が見られるようになった。
抄録(別表記) Attempts were made to correlate learning contents with each other in the physical science of elementary school science. The authors approached this subject from the energetic viewpoint. We developed some materials and disigned an instructon, based on the 'energy conversion.' One author conducted a science class to the fourth graders of elementary school attached to Okayama University. Then we made an analysis of the children's records of learning in class, and used a concept mapping. In this survey, it was found that some of the pupils tried to associate 'light', 'heat', 'electricity', and 'force' with some phenomena that were brought about from these concepts.
キーワード 小学校理科 (Elementary School Science) エネルギー変換 ( Energy Conversion) 教材開発 (Instructional Material Development) 授業実践 (Practical Example of Teaching)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2007-03-10
7巻
1号
開始ページ 9
終了ページ 19
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308164
JaLCDOI 10.18926/14367
タイトル(別表記) The Lectures on the Development of Teaching Plans and Teaching Materials Tried in the Science Education Class in Master's Course, Okayama University
フルテキストURL 007_001_007.pdf
著者 稲田 佳彦| 柿原 聖治| 喜多 雅一| 山下 信彦| 石川 彰彦| 小倉 久和| 安藤 元紀| 草地 功| 加藤 内蔵進| 吉岡 勉| 河田 有紀| 平山 元士| 橋本 誠治| 赤崎 哲也| 東 伸彦| 別役 昭夫|
抄録 岡山大学大学院教育学研究科の理科教育専攻の講義として、教材開発・授業案開発をテーマとした新しい講義を試みたのでその報告を行う。本講義は、理科教育講座に所属する大学院生、理科教育講座の大学教員、附属学校の理科関係の教諭が三者協働で進めることが特徴である。課題設定、教材開発を含めた実践準備および実践を院生チームを組み遂行させ、さらに経験や専門性の異なる人材と論議を重ねて活動を進めることを通じ、将来、協働で学校現場の課題提案・解決を行うことのできる能力を養うことを目標とした。
抄録(別表記) This is a report of the new type of lectures on the development of teaching plans and teaching materials attempted in the science class in the Master's Course, Okayama University. The lectures were conducted in collaboration of the graduate students and the academic staffs in the science education course, and the science teachers of the attached school of Okayama University. The graduate students were grouped into two teams of five or six people, assigned to decide on themes, prepare and practice the development of teaching plans and teaching materials. They conducted their activities discussing problems with people of different experience and specialty, thus developing the ability to jointly propose and solve problems at schools in future.
キーワード 大学院講義 (Science Education Class in the Master's Course) 附属学校 (Attached School) 授業実践 (education practice) 教材開発 (Development of Teaching Materials) 授業案開発 (Development of Teaching Plans)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2007-03-10
7巻
1号
開始ページ 1
終了ページ 7
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308464
JaLCDOI 10.18926/fest/11489
タイトル(別表記) Considering variable selection criteria in correspondence analysis
フルテキストURL 010_049_056.pdf
著者 森 裕一| 杜 暁東| 飯塚 誠也|
抄録 Ordinary goodness of fit criteria in correspondence analysis are considered as variable selection criteria in case correspondence analysis which is one of multivariate methods without external variables can be applied. The goodness of fit criteria focused here are proportion of cumulative eigenvalues, proportion of cumulative squared-eigenvalues and proportion of cumulative off-diagonal fitness. Each criterion is applied to a couple of real data sets and evaluated with interpretation of the selection process and result (selected subset of variables). Four selection procedures such as backward elimination and forward-backward selection are also performed to compare with each other as well as with all possible selection procedure. These results illustrate that the criteria can be used as selection criteria to select a subset of variables in correspondence analysis and to assess categorical items (questions) in a survey (questionnaire).
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2005-02-28
10巻
1号
開始ページ 49
終了ページ 56
ISSN 1341-9099
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313834
JaLCDOI 10.18926/fest/11429
タイトル(別表記) Variable selection besed on global score estimation and its numerical investigation
フルテキストURL 012_029_040.pdf
著者 森 裕一| 笛田 薫| 飯塚 誠也|
抄録 A variable selection method using global score estimation is proposed, which is applicable as a selection criterion in any multivariate method without external variables such as principal component analysis. This method selects a reasonable subset of variables so that the global scores, e.g. principal component scores, which are computed based on the selected variables, approximate the original global scores as well as possible in the context of the least squares. Three computational steps are proposed to estimate the scores according to how to satisfy the restriction that the estimated global scores are mutually uncorrelated. Three different examples are analyzed to demonstrate the performance and usefulness of the proposed method numerically, in which three steps are evaluated and the results obtained using four cost-saving selection procedures are compared.
キーワード principal components least square orthogonalization cost-saving selection
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2007-03-15
12巻
1号
開始ページ 29
終了ページ 40
ISSN 1341-9099
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313992
JaLCDOI 10.18926/11410
タイトル(別表記) Hands-on Experience Programs in Science, Intended for Pupils from Elementary to Upper Secondary School
フルテキストURL 005_173_180.pdf
著者 中尾 安男| 山下 信彦| 小倉 久和| 草地 功| 加藤 内蔵進| 稲田 佳彦| 石川 彰彦| 柿原 聖治|
抄録 本稿は1995年から2004年まで、小・中学生および高校生を対象に実施してきた各種の科学実験体験活動の実践報告である。これらの体験活動は、岡山大学教育学部理科教育講座の教員とそれぞれの研究室に属する学部生・大学院生たちが実践してきたものである。活動の企画、教材開発、活動の運営、子どもたちに対する実験内容の説明から実験指導に至るまで、ほとんどを学生たちの自主性に任せた。教員は学生たちに対する支援に徹することを原則とした。これらの活動を通して得られた成果や、実践活動を行うに当たって、日頃の自然科学の探究活動の大切さについても触れる。
抄録(別表記) This is a report of various educational practices in science from 1995 to 2004, designed for elementary school pupils and lower/upper secondary school students. These out-school activities were carried out by the teachers and their students of graduate and undergraduate courses who belong to the Department of Science Education, Faculty of Education, Okayama University. Almost everything was left up to the initiative and judgment of graduate/undergraduate students, such as planning and organizing the programs, developing do-it-yourself science materials, explaining to pupils what the experiment is like and how to conduct the experiment. As facilitators of the program, we supported activities of graduate/undergraduate students. The benefits of taking an active part in these programs, and the importance of hands-on learning activities in science are shown and emphasized in this paper.
キーワード 科学実験体験活動 (Hands-on Experience of Science) 小・中・高校生対象 (Out-of-school Activity Programs for 1st-12th Graders)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2005
5巻
1号
開始ページ 173
終了ページ 180
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313988
著者 桑原 敏典|
発行日 2016-07-28
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
162巻
資料タイプ 紀要論文
著者 加藤 内藏進| 加藤 晴子| 赤木 里香子| 稲田 佳彦|
発行日 2016-02
出版物タイトル 環境制御
37巻
資料タイプ 紀要論文
タイトル(別表記) Developing the teaching program in which the students learn through planning the community for a voter education: Based on the practicing the participatory learning adopting the workshop strategy
フルテキストURL bgeou_163_049_058.pdf
著者 桑原 敏典|
抄録 本研究は,政治や選挙に対する若者の関心を高め,積極的に社会に関わろうとする自覚や態度を育てることを目的とした主権者教育のあり方を,まちづくりをテーマとするワークショップの開発・実践を通して提案しようとするものである。具体的には,地方都市への大型商業施設進出の問題を取り上げ,その問題の解決策を考えることを通して,地域住民の意思や地域社会の将来について考え,自分なりの考えを形成する主権者教育プログラムを開発した。プログラムにおいては,参加者の主体性を尊重しながらも積極的な参加を促すために,ロールプレイングを手法として取り入れた。本研究を通して,投票への関心や意欲の喚起に焦点化された主権者教育に注目が集まる中で,社会や政治に対する関心を高めるという長期的な視野に立った教育プログラムを提案することができた。
キーワード 主権者教育 まちづくり ワークショップ 参加型学習 教育プログラム
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
発行日 2016-11-28
163巻
開始ページ 49
終了ページ 58
ISSN 1883-2423
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
タイトル(別表記) Practical Approaches to the Exhibiting and Storage Conditions of the Collections Maintained by Okayama University in the Course for Museum Workers
フルテキストURL jfl_065_081_089.pdf
著者 光本 順|
出版物タイトル 岡山大学文学部紀要
発行日 2016-07-25
65巻
開始ページ 81
終了ページ 89
ISSN 0285-4864
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120005970814
JaLCDOI 10.18926/20307
タイトル(別表記) An Essay on Comparative Case Analyses in Management Studies (Part 2)
フルテキストURL snae_008_001_020.pdf
著者 藤井 大児|
出版物タイトル 北東アジア経済研究
発行日 2010-03-26
8巻
開始ページ 1
終了ページ 20
ISSN 1880-8476
言語 Japanese
著作権者 岡山大学大学院社会文化科学研究科
論文のバージョン publisher
NAID 120002310808
JaLCDOI 10.18926/9108
タイトル(別表記) Myrtles and Paradise in Ronsard: Description of Paradise and Classical Works
フルテキストURL 4_0015_0032.pdf
著者 延味 能都|
出版物タイトル 文化共生学研究
発行日 2006
4巻
1号
開始ページ 15
終了ページ 32
ISSN 1880-9162
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002311062
タイトル(別表記) A role of the Asian Monsoon system on the rainfall climatology during warm season in Japan
フルテキストURL erc_019_005_020.pdf
著者 加藤 内蔵進|
抄録 A role of the global-scale Asian Monsoon on the rainfall climatology around the Japan Islands (excluding that in Hokkaido) during warm season were discussed by reviewing the previous studies including the original results by the present author. Not only the mean monthly rainfall amount but also its year-to-year variation is large from June to September (or October) there. While the rainfall amount and its variation are especially large in the Baiu season in Kyushu, they relatively large in autumn rainfall season (so-called the "Akisame" or "Shurin" in Japan) . It is noted that the huge northward moisture transport from the moisture-rich subtropical high area to the Baiu frontal zone is largely affected by the low pressure area in the subtropical region around South Asia. On the other hand, the low pressure area associated with the stagnation of typhoons around the Southwest Islands area (to the southwest of the Japan Islands) seems to play an important role in the huge moisture transport toward the japan Islands in the autumn rainfall season. A comment on seasonal persistency of the rainfall anomaly from spring to summer and summer to autumn is also presented by examining the monthly rainfall data in Nagoya, the central part of the Japan Islands.
出版物タイトル 環境制御
発行日 1997-07
19巻
開始ページ 5
終了ページ 20
ISSN 0917-1533
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002310861
タイトル(別表記) Developing a Teaching Plan for the Social Studies of a Junior High School Focused on Inquiring What is a Good Society : Based on the Learning Principles of the New Course of Studies.
フルテキストURL 141_059_068.pdf
著者 桑原 敏典| 佐藤 育美| 小笠原 優貴|
抄録 本研究は,平成20年3月に改訂された中学校学習指導要領のもとでの中学校社会科の単元開発のあり方を,公民的分野の内容(4)-イ「よりよい社会を目指して」を取り上げて具体的に示そうとするものである。今回の学習指導要領改訂では,中学校社会科には目標レベルの変化はほとんど見られず,一見,改訂は小幅なものにとどまったかに思われる。しかしながら,内容を検討すると,地理,歴史,公民の三分野ともに学習原理に関わる大きな転換がなされていることが分かり,それを見逃すと改訂の本質は見えない。本研究では,新学 習指導要領の学習原理として特に注目されている探究活動の充実に焦点をしぼり,学習原理の転換がいかになされたかということに加えて,具体的にいかなる授業づくりが求められるかを事例に基づいて明らかにした。
キーワード 新学習指導要領 社会科 探究学習
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
発行日 2009-06-25
141巻
開始ページ 59
終了ページ 68
ISSN 1883-2423
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002306373
著者 漆畑 祐佳|
出版物タイトル Persica
発行日 2020-03-31
47巻
開始ページ 29
終了ページ 42
ISSN 0389-7788
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
著者 松浦 芙紗子|
出版物タイトル Persica
発行日 2020-03-31
47巻
開始ページ 15
終了ページ 27
ISSN 0389-7788
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
著者 劔持 淑|
出版物タイトル Persica
発行日 2020-03-31
47巻
開始ページ 1
終了ページ 13
ISSN 0389-7788
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/CTED/55805
タイトル(別表記) New class development to cancel a life experience and the gap with the scientific definition
フルテキストURL cted_008_031_043.pdf
著者 稲田 修一| 荒尾 真一| 稲田 佳彦| 杉山 誠| 日浦 悦正| 古城 良祐| 中倉 智美| 能勢 樹葉| 岩本 恭治|
抄録 理科の授業では,物理量の定義を起点として学びの展開を構成する場合が多い(定義起点展開法)。一方,日常生活では,「目的地までの所用時間の短さ」と「速さ」を連動させて思考することが多い(生活起点展開法)。そのため,科学的定義に基づく扱いとのギャップに生徒が戸惑い,理科の学習内容を日常生活へ関連させて理解するときの障壁になっている可能性がある。中学校2・3年生679名を対象とした事前調査では,速さについて「生活起点」で考えている生徒が615名(90.6%),「定義起点展開法」で考えている生徒が51名(7.5%)であった。また,生徒の「速さ」の捉え方に対する回答反応時間の分析結果からも,「定義起点展開法」の正解者の反応時間の平均が22.0秒に比べ「生活起点展開法」の平均は18.4秒であり,「目的地までの所用時間の短さ」と「速さ」を連動して思考する「生活起点展開法」の考え方が多いと推測される。
キーワード 速さ (velocity) 時間 (time) 生活起点展開法 (life starting point unfolding method) 定義起点展開法 (definition starting point unfolding method) 透過型赤外線センサー (transmissive infrared sensor)
出版物タイトル 岡山大学教師教育開発センター紀要
発行日 2018-03-20
8巻
開始ページ 31
終了ページ 43
ISSN 2186-1323
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2018 岡山大学教師教育開発センター
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/CTED/54025
タイトル(別表記) Study on the Factors for Development of Scientific Thinking in Science Education
フルテキストURL cted_006_097_105.pdf
著者 金田 真弥| 川崎 弘作| 稲田 佳彦|
抄録  これからの時代に必要とされる「科学的思考力」を育成するために,先行研究を分析することで科学的思考力を構成する6つの要素を抽出した。これらの要素の中で,現状の学校教育で育成が不十分な要素を教員養成学部の学生の予備的調査から抽出した結果,特に,批判的思考力の育成が十分でないことが明らかになった。初等中等教育の理科で科学的思考力を育成することを目指して,批判的思考力の育成に有効だと期待される仕掛けについて考察し,提案する。批判的思考力の情意面に存在する,児童・生徒が持つ心理的障壁を低くする仕掛けが重要な役割を果たすと考えられる。建設的な批判的思考力がもたらす価値や利益を児童・生徒が実感するプロセスが大切だと思われる。
キーワード 科学的リテラシー 理科 批判的思考 科学的思考力 初等中等教育
出版物タイトル 岡山大学教師教育開発センター紀要
発行日 2016-03-04
6巻
開始ページ 97
終了ページ 105
ISSN 2186-1323
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2016 岡山大学教師教育開発センター
論文のバージョン publisher
NAID 120005723293
JaLCDOI 10.18926/CTED/49510
タイトル(別表記) Development of the Program Aimed at Training of the Scientific Research Capabilityfor the Science and Mathematics Course in High Schools,which Include the Mock Procedure of the Natural Science Research
フルテキストURL cted_003_098_106.pdf
著者 稲田 佳彦|
抄録  スーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定校や理数科で実施する課題研究を充実させるために,自然科学研究の構成方法を実践的に学ぶことのできる授業を開発し試行実践した。自然科学分野での研究者養成で日常的に行われているOn the Job Training (OJT) を模した授業展開を構成し,実験・観察や研究をデザインするときに必要な要点を伝えることを目指した。素材として蒸発潜熱を測定する実験を用い,SSH 指定校である岡山県立倉敷天城高等学校の理数科1年生39名を対象に7時間の授業実践を行った結果,科学的な仮説の設定方法や思考と発想のポイントを含めた研究の進め方の理解が進んだという結果が得られている。一方で,班内で積極的に議論しながら実験を進める姿勢には大きな向上は認められなかった。議論の場面を強制的に設定するだけでなく,議論を促す仕掛けが必要とされる。
キーワード 理科実験 課題研究 高等学校理数科 スーパーサイエンスハイスクール
出版物タイトル 岡山大学教師教育開発センター紀要
発行日 2013-03-08
3巻
開始ページ 98
終了ページ 106
ISSN 2186-1323
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2013 岡山大学教師教育開発センター
論文のバージョン publisher
NAID 120005232453