JaLCDOI 10.18926/49524
タイトル(別表記) The research on the intrinsic and extrinsic motivation of Chinese modern transformation(Focusing on 1980s)
フルテキストURL hss_035_001_012.pdf
著者 李 振声|
出版物タイトル 岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要
発行日 2013-03-25
35巻
開始ページ 1
終了ページ 12
ISSN 1881-1671
言語 Chinese
著作権者 Copyright © 2013 岡山大学大学院社会文化科学研究科
論文のバージョン publisher
NAID 120005232462
JaLCDOI 10.18926/40209
タイトル(別表記) Some Clinical Observations on the Menopausal Syndrome and its Therapeutic Approach
フルテキストURL pitsr_030_046_054.pdf
著者 熊本 寛格|
抄録 In order to observe the effectiveness of the androgen+estrogen therapy used singly or in combination with the meprobamate therapy, the author has determined the menopausal index, the total serum cholesterol and the systolic blood pressure before and after the administration of these treatments. The following results have been obtained. 1) The menopausal index (Kupperman, 1953) declines more markedly fol1owing the application of the combined therapies than after the use of either, administered singly. 2) Total serum cholesterol decreases most pronouncedly following the use of the combined therapies, to a lesser degree following the administration of A+E, still less following a single administration of meprobamate. It has been found, moreover, that although A+E therapy appreciably decreases total serum cholesterol, the effectiveness of meprobamate is slight in this respect. 3) Either therapy tends to stabilize blood pressure, but the combined treatment is more effective in this regard. It may safely be concluded that the use of these therapies singly or combined, will provide one of the most effective therapeutic approaches to the menopausal syndrome, the more especially so because of the absence of side effects, an important consideration when long term treatment, required in most such cases, is contemplated.
出版物タイトル 岡山大学温泉研究所報告
発行日 1962-04-25
30巻
開始ページ 46
終了ページ 54
ISSN 0369-7142
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002401090
JaLCDOI 10.18926/14834
タイトル(別表記) HRCT上の肺のLow Attenuation Areaおよび肺機能により評価された高齢者善喘息の特徴
フルテキストURL 72_009_015.pdf
著者 光延 文裕| 保崎 泰弘| 芦田 耕三| 柘野 浩史| 岡本 誠| 西田 典教| 高田 真吾| 横井 正| 中井 睦郎| 谷崎 勝朗|
抄録 The clinical significance of low attenuation area <-950 HU of the lungs on high - resolution computed tomography (HRCT) was evaluated in 80 patients with asthma in relation to patient age, CT number, pulmonary function including % residusal volume (% RV) and % DLco, and generation of leukotrienes B4 and C4 by leucocytes. 1. The % LAA (<- 950 HU) of the lungs showed a tendency to increase significantly with aging; the % LAA was significantly larger in elderly patients over the age of 60 years than in those under the age of 49 years. The CT number was also significantlyincreased with aging. 2. The values of % FVC, % FEV1.0, and FEV1.0% were significantly decreased in elderly patients over age 70 compared with the values in those under age 49. 3. The value of % residual volume (% RV) tended to increase significantly with aging; the value in patients over the age of 70 years was significantly larger in those between the ages of 50 and 59 (p<O.OOl). and under the age of 49 years (p<O.OOl). 4. The % DLco value significantly decreased with aging; the value in patients over age 70 was significantly lower than the value in those between the ages of 50 and 59 (p<O.Ol) and under age 49 (p<O.OOl). 5. A significant correlation was observed between % LAA of the lungs and % RV (r=O. 67, p<0.001), however. any significant correlations were not observed between % LAA and the values of % FVC, % FEV1.0, and FEV1.0% . 6. The generation of LTB4 and LTC4 by leucocytes was not significantly related with patient age. The results suggested that % LAA of the lungs on HRCT tended to increse with aging, accompanied with a significant increase in % RV.
抄録(別表記) 気管支喘息80例(全例非喫煙者)を対象に,high resolution computedt omography (HRCT)上の肺の-950HU以下のLow attenuation area (LAA)の臨床的意義について, 患者年齢, CT number,残気率(% RV),拡散能(% DLco)を含む肺機能検査,白血球のコイコトリエンB4,C4の産生能などとの関連のもとに検討を加えた。 1.% LAAは,年齢が高くなるにつれて増加する傾向を示し,60才以上の症例の% LAAは,49歳以下の症例に比べ有意に高い値を示した。また,CT numberも,年齢が高くなるにつれて有意の増加を示した。 2.% FVC,% FEV1.0およびFEV1.0%値は,いずれも70才以上の症例で49歳以下の症例に比べ有意に低い値を示した。 3.残気率(% RV)は,年齢が高くなるにつれて増加する傾向を示し,70才以上の症例の% RVは,50-59才および49才以下の症例の% RVに比べ有意に高い値を示した。 4.一方,拡散能(% DLco)は,年齢が高くなるにつれて有意に低下する傾向を示し,70才以上の症例の% DLcoは,50-59才および49才以下の症例のDLcoに比べ有意に低い値を示した。 5.% LAAと% RVとの間には有意の相関が見られたが,% LAAと% DLco,および% LAAと換気機能(% FVC,% FEV1.0,FEV1.0%)との間には関連は見られなかった。 6.白血球のLTB4およびLTC4の産生能においては年齢による差は見られなかった。これらの結果は,% LAAが年齢とともに増加すること,そして% LAAは% RVと密接な関連を有していることを示している。
キーワード low attenuation area of the lung CT number residual volume DLco aging
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 2002-02-01
72巻
開始ページ 9
終了ページ 15
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308131
著者 Kondō, Mantarō|
発行日 1918-12-10
出版物タイトル Berichte des Ohara Instituts für landwirtschaftliche Forschungen
1巻
3号
資料タイプ 紀要論文
著者 Munesada, Tetuzi|
発行日 1922-07-13
出版物タイトル Berichte des Ohara Instituts für landwirtschaftliche Forschungen
2巻
2号
資料タイプ 紀要論文
著者 Kasai, Mikio|
発行日 1922-10-18
出版物タイトル Berichte des Ohara Instituts für landwirtschaftliche Forschungen
2巻
2号
資料タイプ 紀要論文
著者 Yamaguchi, Yasuke|
発行日 1919-11-23
出版物タイトル Berichte des Ohara Instituts für landwirtschaftliche Forschungen
1巻
4号
資料タイプ 紀要論文
著者 Kondō, Mantarō| Okamura, Tamotsu|
発行日 1932-06-21
出版物タイトル Berichte des Ohara Instituts für landwirtschaftliche Forschungen
5巻
3号
資料タイプ 紀要論文
著者 Kond&omacr;, Mantar&omacr;|
発行日 1925-09-10
出版物タイトル Berichte des Ohara Instituts für landwirtschaftliche Forschungen
3巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 Kondō, Mantarō|
発行日 1925-05-30
出版物タイトル Berichte des Ohara Instituts für landwirtschaftliche Forschungen
3巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 Kondō, Mantarō|
発行日 1927-01-16
出版物タイトル Berichte des Ohara Instituts für landwirtschaftliche Forschungen
3巻
3号
資料タイプ 紀要論文
著者 Kondō, Mantarō|
発行日 1925-10-07
出版物タイトル Berichte des Ohara Instituts für landwirtschaftliche Forschungen
3巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 Onodera, Isenosuke|
発行日 1919-09-20
出版物タイトル Berichte des Ohara Instituts für landwirtschaftliche Forschungen
1巻
5号
資料タイプ 紀要論文
著者 Harukawa, Chukichi| Yagi, Nobumasa|
発行日 1917-05-31
出版物タイトル Berichte des Ohara Instituts für landwirtschaftliche Forschungen
1巻
2号
資料タイプ 紀要論文
著者 Nisikado, Yosikazu|
発行日 1923-07-20
出版物タイトル Berichte des Ohara Instituts für landwirtschaftliche Forschungen
2巻
3号
資料タイプ 紀要論文
著者 Kondō, Mantarō|
発行日 1929-11-15
出版物タイトル Berichte des Ohara Instituts für landwirtschaftliche Forschungen
4巻
2号
資料タイプ 紀要論文
著者 Kondō, Mantarō|
発行日 1927-12-01
出版物タイトル Berichte des Ohara Instituts für landwirtschaftliche Forschungen
3巻
5号
資料タイプ 紀要論文
著者 Kondō, Mantarō|
発行日 1927-07-25
出版物タイトル Berichte des Ohara Instituts für landwirtschaftliche Forschungen
3巻
4号
資料タイプ 紀要論文
著者 Kondō, Mantarō|
発行日 1924-05-20
出版物タイトル Berichte des Ohara Instituts für landwirtschaftliche Forschungen
2巻
4号
資料タイプ 紀要論文
著者 Kondō, Mantarō|
発行日 1921-12-13
出版物タイトル Berichte des Ohara Instituts für landwirtschaftliche Forschungen
2巻
1号
資料タイプ 紀要論文