このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 54913
Sort Key
6
タイトル(別表記)
A prophylactic approach to postoperative delirium through collaborative practice
フルテキストURL
129_31.pdf 2.19 MB
著者
小田 幸治 岡山大学病院 精神科神経科
大栁 貴惠 岡山大学病院 医療技術部
山口 恵 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 精神神経病態学
馬場 華奈己 岡山大学病院 看護部
江角 悟 岡山大学病院 薬剤部
千田 真友子 岡山大学病院 精神科神経科
井上 真一郎 岡山大学病院 精神科神経科
川田 清宏 岡山大学病院 精神科神経科
岡部 伸幸 岡山市民病院 心療科
山田 了士 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 精神神経病態学 ORCID Kaken ID researchmap
抄録
We launched our Psychiatry Liaison Team in the Department of Neuropsychiatry of Okayama University Hospital in 2009. Since nearly half of all new cases had suffered delirium, we subsequently launched our Delirium Control Team in 2011. The main purposes of the Delirium Control Team are to prevent the occurrence of delirium through early interventions by various medical staff, and to educate co-medical staff about delirium care. In this article, we present the recent activities and future outlook of both the Psychiatry Liaison Team and the Delirium Control Team.
キーワード
せん妄対策チーム (delirium control team)
せん妄予防 (delirium prevention)
せん妄ハイリスク患者 (patients at risk of delirium)
精神科リエゾンチーム (psychiatry liaison team)
周術期 (perioperative period)
備考
短報 (Short Communication)
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
発行日
2017-04-03
129巻
1号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
31
終了ページ
34
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
著作権者
Copyright (c) 2017 岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI
NAID
Eprints Journal Name
joma