このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14495
Eprint ID
14495
フルテキストURL
タイトル(別表記)
New immunization procedure for production of monoclonal antibodies which recognize carbohydrate of glycoprotein
著者
大山 邦夫 現旭化成工業株式会社医療科学研究所
渡来 仁 岡山大学医学部附属環境病態研究施設基礎環境病態学分野
保田 立二 岡山大学医学部附属環境病態研究施設基礎環境病態学分野
抄録
糖タンパク質糖鎖に対するモノクローナル抗体を効率よくとるための免疫方法の検討をおこなった。抗原としては糖鎖のがん性変化のひとつであるbisecting N-acetyiglucosamine構造をもつオボムコイド(OVM)をとりあげた。OVM全分子を通常のフロインド完全アジュバントでくりかえし感作する方法では糖鎖を認識するモノクローナル抗体をとることはできなかった。またOVMをリポソームニ重膜に挿入する方法でも同様であった。これに対してOVMからプロナーゼ消化により糖ペプチドを調製し,アジュバント活性をもつリピドAを共存させたリポソームに共有結合した抗原を感作したマウスからは高率に糖鎖と反応するモノクローナル抗体をとることができた。しかしながらこれらの抗体はいずれもサブタイプはIgMであった。
抄録(別表記)
New immunization method for production of monoclonal anitibodies which recognize oligosaccharide portion of glycoprotein was developed. Conventional immunization method in which glycoprotein was emulsified with Freund's complete adjuvant could not produce anti-carbohydrate monoclonal antibody. Glycopeptide which was prepared by pronase digestion of glycoprotein conjugated liposomes containing lipid A of Salmonella minnesota were revealed good antigen for prodution of anti-carbohydrate monoclonal anitibodies. By this new immunization method several monoclonal antibodies which recognize mainly carbohydrate portion of ovomucoide were established.
キーワード
モノクローナル抗体 (Monoclonal antibody)
糖タンパク質 (glycoprotein)
オボムコイド (ovmucoide)
酵素免疫測定法 (enzyme immunoassay)
リポソーム (liposome)
lipid A
発行日
1991-08
出版物タイトル
環境病態研報告
出版物タイトル(別表記)
Papers of the Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool
62巻
出版者
岡山大学医学部附属環境病態研究施設, 岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool
開始ページ
38
終了ページ
45
ISSN
0913-3771
NCID
AN10084718
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
mmc