このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 48136
フルテキストURL
Thumnail 124_59.pdf 5.21 MB
タイトル(別表記)
Gastric aberrant pancreas with acute pancreatitis treated with surgery
著者
篠浦 先 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
八木 孝仁 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
貞森 裕 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
松田 浩明 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
楳田 祐三 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
吉田 龍一 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
佐藤 太佑 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
内海 方嗣 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
横道 直佑 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
杭瀬 崇 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
藤原 俊義 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
抄録
We experienced a case of gastric aberrant pancreas with acute pancreatitis. The patient was a 42-year-old man. He was referred to our hospital because of epigastric pain. A CT scan and endoscopic examination revealed a gastric submucosal tumor with inflammation. His serum amylase level was high at 222 IU/l. Endoscopic ultrasonography revealed a hypoechoic mass lesion, 3 cm in diameter, at the body of his stomach. Endoscopic ultrasoundscopy-guided fine needle aspiration was performed. Pathological examination showed pancreatic tissue. So, he underwent partial gastrectomy due to gastric aberrant pancreas with pancreatitis. There are very few cases of gastric aberrant pancreas with pancreatitis on record.
キーワード
異所性膵 (ectopic pancreas)
迷入膵 (aberrant pancreas)
粘膜下腫瘍 (submucosal tumor)
急性膵炎 (acute pancreatitis)
胃 (stomach)
備考
症例報告(Case Report)
発行日
2012-04-01
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
124巻
1号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
59
終了ページ
62
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
参考文献
1) 山崎裕史, 大西信行, 寺田紀彦 : 胃切除にみられた迷入膵の臨床病理学的検討. 消化器外科(1991)14, 462-467.
2) 山崎裕史 : 胃壁内迷入膵65例の臨床病理学的検討. 臨床病理(1990)12, 1387-1391.
3) Heinrich H : Ein Beitrag zur Histologie dessegen akzessorisschen Pankreas. Virchow Arch Path Anat (1909) 198, 559-562.
4) Shoji Hirasaki, Masahito Tanimizu, Toshikazu Moriwaki, Junichirou Nasu : Acute pancreatitis occurring in gastric aberrant pancreas treated with surgery and proved by histological examination. Internal Medicine (2005) 44, 1169-1173.
5) Wiersema MJ, Wiersema ML, Khusro Q, Cramer HM, Tao LC : Combined endosonography and fine-needle aspiration cytology in the evaluation of gastrointestinal lesions. Gastrointest Endosc (1994) 40, 199-206.
6) Giovannini M, Seitz JF, Monges G, Perriier H, Rabbia I : Fine-needle aspiration cytology guided by endoscopic ultrasonography ; results in 141 patients. Endoscopy (1995) 27, 171-177.
7) Wiersema MJ, Vilmann P, Giovannini M, Chang KJ, Wiersema LM : Endosonography-guided fine-needle aspiration : diagnostic accuracy and complication. Gastroenterology (1997) 112, 1087-1095.
8) 池永雅一, 小林研二, 蓮池康徳, 池田雅弘, 吉川宣輝 : 嚢胞形成をきたした巨大な胃迷入膵の1切除例. 日消誌(1997)94, 398-401.
9) 竹林治朗, 橋本訓招 : 胃迷入膵の膵炎に関連したと思われる消化管出血の1例. Gastroenterol Endosc (1986) 28, 807-811.
10) Matsushita M, Hajiro K, Takakuwa H : Acute pancreatitis occurring in gastric aberrant accompanied by paralytic ileus. Am J Gastroenterol (1997) 92, 2121-2122.
11) 井上 健, 金政秀俊, 井上香織, 松本匡史, 牧 和夫, 梶田芳弘, 光藤章二, 片岡慶正, 岡上 武 : 上腹部痛にて発症し, 内部に膵石を伴った胃異所性膵の1例. Gastroenterol Endosc (2007) 49, 2991-2997.
12) 佐藤正幸, 椎葉健一, 藤谷恒明, 酒井謙次, 角川陽一郎, 山並秀章 : 迷入膵の膵炎の1例 : 日消外会誌(2009)42, 1384-1389.
13) 岸野麻衣子, 村田洋子, 中村真一, 小熊英俊, 谷口清章, 大木岳志, 春山浩美, 水野謙治, 小西洋之, 喜多村陽一, 山本雅一, 白鳥敬子, 他 : 上腹部痛を伴い, 経過中に増大した胃迷入膵の1例 : 胃と腸(2010)45, 567-574.
言語
Japanese
OAI-PMH Set
岡山大学
著作権者
Copyright (c) 2012 岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI
Sort Key
10
Eprints Journal Name
joma