このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15198
JaLCDOI
Sort Key
2
タイトル(別表記)
Measurement of sampling time in MRI and reconstruction of MR image
フルテキストURL
著者
加藤 博和 岡山大学医学部保健学科放射線技術科学専攻 Kaken ID publons researchmap
花元 克巳 岡山大学医学部保健学科放射線技術科学専攻 Kaken ID publons researchmap
川崎 祥二 岡山大学医学部保健学科放射線技術科学専攻
澁谷 光一 岡山大学医学部保健学科放射線技術科学専攻 Kaken ID researchmap
黒田 昌宏 岡山大学医学部附属病院 ORCID Kaken ID publons researchmap
小山 矩 広島県立保健福祉大学放射線学科
抄録
MRIにおいてk-spaceを構築するためにはエコー信号をサンプリング時間に従って採取する必要がある.このサンプリング時間を測定するために,FOV(field of view)の左半分にファントムを置くことにより階段関数となるスピン分布を生成した。得られたエコー信号を,階段関数をフ-リェ変換したときに得られるフ-リェ係数と比較することによりサンプリング時間を求めた。得られたサンプリング時間を用いて,MRI MULTI-TEST PHANTOMをMRI装置でスキャンすることにより得られたエコー信号をサンプリングしk-spaceを構築した。このk-spaceをフ-リェ逆変換することによりMRI MULTI-TEST PHANTOMの画像を再構成することができた。
抄録(別表記)
Regarding the construction of k-space in MRI, it is necessary to extract the required data from the echo signals with the rate of sampling time. In order to measure the sampling time, a rectangular phantom was placed on the left side of the FOV in the body coil of an MRI equipment, and got analog signals in the sequence of spin echo. The sampling time was determined by comparing the measured signals with the Fourier coefficients obtained by transforming the step function which was similar to the profile of the FOV. The MRI MULTI-TEST PHANTOM was scanned, and the k-space was constructed with the extracted data from the echo signals with the rate of the determined sampling time. The MRI images of the MULTI-TEST PHANTOM were reconstructed by inverse-transforming the obtained k-space.
キーワード
MRI
フーリェ変換 (Fourier transform)
画像再構成 (reconstruction)
サンプリング時間 (sampling time)
出版物タイトル
岡山大学医学部保健学科紀要
発行日
2004-03-31
14巻
2号
出版者
岡山大学医学部保健学科
出版者(別表記)
Faculty of Health Sciences Okayama University Medical School
開始ページ
121
終了ページ
128
ISSN
1345-0948
NCID
AA11403004
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
NAID
Eprints Journal Name
fhs