このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 13625
Eprint ID
13625
フルテキストURL
Thumnail 113_27.pdf 2.29 MB
タイトル(別表記)
A typical highest thoracic artery (A. thoracica suprema) -a case report-
著者
村上 慎一郎 岡山大学医学部医学科解剖学第二講座
松岡 宏明 岡山大学医学部医学科解剖学第三講座
普山 康弘 岡山大学医学部医学科解剖学第二講座
田口 勇仁 岡山大学医学部保健学科放射線技術科学専攻
大塚 愛二 岡山大学医学部医学科解剖学第二講座
村上 宅郎 岡山大学医学部医学科解剖学第二講座
抄録
A typical higest thoracic artery with anterior, posterior, ascending and descending branches was reported. Discussion suggests that this artery, when developed, gives rise to the internal thoracic artery descening lateral to the scalenus anterior muscle, transverse cervical artery, descending scapular artery, lateral thoracic artery or subscapular artery.
キーワード
A. thoracia suprema
A. transversa colli
A. scapularis descendens
A. thoracica lateralis
A. subscapularis
備考
原著
発行日
2001-04-28
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
113巻
1号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
27
終了ページ
31
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/113/1/113_1_27/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/index.html
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma