タイトル(別表記) Difficulties in school life can be seen from the medical records of patients with gender dysphoria
フルテキストURL hyky_20_39.pdf
著者 天野 佑美| 佐々木 新| 松本 洋輔| 大守 伊織|
抄録 A school should be a place where every child can feel comfortable and safe. We aimed to shed light upon difficulties in school life in children with gender dysphoria (GD) and find a way to support them. We extracted the episodes in school life from the medical records of 59 patients with GD. They suffered from using gender segregated bookbags, school uniforms, swimming wears, and bathrooms. Sex education was not enough for them to understand GD. Children with male-to-female GD were bullied at school more often than those with female-to-male GD. Teachers should take note of children with GD, and should provide necessary supports in their school life, including the facilities and their relationships with their peers.
キーワード gender dysphoria gender identity disorder school education gender and sexual diversity difficulties
出版物タイトル 教育実践学論集
発行日 2019-03
20号
開始ページ 39
終了ページ 48
ISSN 2433-1791
関連URL isVersionOf http://hdl.handle.net/10132/17792
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
タイトル(別表記) What Sexual Minorities in Adulthood Want for the Present School Education
フルテキストURL bgeou_171_039_046.pdf
著者 佐々木 新| 天野 佑美| 大守 伊織|
抄録  本研究の目的は,カミングアウトが難しい性的マイノリティ当事者が学校教育にどのような支援を望んでいるのか明らかにすることである。方法として質問紙調査を行った。質問紙作成にあたり,当事者への学校での支援について文献検索を行い,主に授業外で取り組む支援例を収集した。収集した支援例の評価を当事者18 名に依頼した。学校教育に求めていることは,相談してきた児童生徒の気持ちに寄り添うこと,第三者に知られないよう配慮すること,性の多様性と正しい知識を教えることであった。また,「開示しようとしまいと,いることを前提とする」学校になってほしいと希望していることが伺えた。教員は性的マイノリティの児童生徒が抱える困難さを重要な課題と捉え,いつでも誰でも相談できる環境づくりや,児童生徒の気持ちを尊重する努力が必要とされていると考える。
キーワード 性的マイノリティ 学校教育 環境的整備 支援
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
発行日 2019-07-26
171巻
開始ページ 39
終了ページ 46
ISSN 1883-2423
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/CTED/55817
タイトル(別表記) 慢性疾患患児に対する復学支援の研究動向
フルテキストURL cted_008_181_191.pdf
著者 村上 理絵| 大守 伊織|
抄録 The principle aim of the present study was to elucidate research trends and issues related to school re-entry. We reviewed past studies concerning school re-entry support for children with chronic illness. A total of 36 papers were analyzed for the keywords of "school re-entry," "support," "pediatric cancer," and "chronic illness." The results revealed that the concerns regarding the children and school re-entry support roles of legal guardians, healthcare providers, teachers, etc., and specific examples of collaboration with other occupations. "Guaranty a right to learn " and "relationship maintenance" were noted as issues, and ensuring a system that can establish certain learning opportunities even if the enrollment status of the child changes, continued maintenance of relationships of the patient before the onset of disease, and support to maintain the relationship of healthcare providers and teachers who are involved after onset of the disease are necessary even after school re-entry.
抄録(別表記) 本研究では、慢性疾患患児の復学支援に関する研究を概観し、研究の動向と課題を明らかにした。「復学」「支援」「小児がん」「慢性疾患」をキーワードとする36文献を分析した。その結果、保護者、医療関係者、教師など、患児に関わる人たちの思いや復学支援における役割、他職種連携、連携の具体例、高校生や思春期における復学支援の現状と課題などについて研究されていた。課題としては、「学習保障」および「関係維持」を挙げることができ、患児の学籍が変更になっても一定の教育機会を設けることのできるシステムの確保と、患児が発病前からつながっている人間関係を維持し、発病後に関わることになった医療関係者や教師と復学後もつながり続けられるような支援が必要と考えられた。
キーワード school re-entry (復学) support (支援) chronic illness (慢性疾患)
出版物タイトル 岡山大学教師教育開発センター紀要
発行日 2018-03-20
8巻
開始ページ 181
終了ページ 191
ISSN 2186-1323
言語 English
著作権者 Copyright © 2018 岡山大学教師教育開発センター
論文のバージョン publisher
著者 Fujimura, Atsushi| Michiue, Hiroyuki| Nishiki, Tei-ichi| Ohmori, Iori| Wei, Fanyan| Matsui, Hideki| Tomizawa, Kazuhito|
発行日 2011-05-14
出版物タイトル PLoS ONE
6巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 Candan, Gerile| Michiue, Hiroyuki| Ishikawa, Sanae| Fujimura, Atsushi| Hayashi, Keiichiro| Uneda, Atsuhito| Mori, Akiko| Ohmori, Iori| Nishiki, Tei-ichi| Matsui, Hideki| Tomizawa, Kazuhito|
発行日 2012-09
出版物タイトル Biomaterials
33巻
27号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 林 桂一郎| 大守 伊織| 松井 秀樹|
発行日 2012-08-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
124巻
2号
資料タイプ 学術雑誌論文
JaLCDOI 10.18926/AMO/43824
フルテキストURL 65_1_1.pdf
著者 Han, Xiao-Jian| Tomizawa, Kazuhito| Fujimura, Atsushi| Ohmori, Iori| Nishiki, Tei-ichi| Matsushita, Masayuki| Matsui, Hideki|
抄録 Mitochondria are important cellular organelles in most metabolic processes and have a highly dynamic nature, undergoing frequent fission and fusion. The dynamic balance between fission and fusion plays critical roles in mitochondrial functions. In recent studies, several large GTPases have been identified as key molecular factors in mitochondrial fission and fusion. Moreover, the posttranslational modifications of these large GTPases, including phosphorylation, ubiquitination and SUMOylation, have been shown to be involved in the regulation of mitochondrial dynamics. Neurons are particularly sensitive and vulnerable to any abnormalities in mitochondrial dynamics, due to their large energy demand and long extended processes. Emerging evidences have thus indicated a strong linkage between mitochondria and neurodegenerative diseases, including Alzheimer's disease, Parkinson's disease and Huntington's disease. In this review, we will describe the regulation of mitochondrial dynamics and its role in neurodegenerative diseases.
キーワード mitochondria phosphorylation ubiquitination SUMOylation neurodegeneration
Amo Type Review
発行日 2011-02
出版物タイトル Acta Medica Okayama
65巻
1号
出版者 Okayama University Medical School
開始ページ 1
終了ページ 10
ISSN 0386-300X
NCID AA00508441
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 English
著作権者 CopyrightⒸ 2011 by Okayama University Medical School
論文のバージョン publisher
査読 有り
PubMed ID 21339790
Web of Sience KeyUT 000287620500001
著者 大守 伊織| 大内田 守| 御牧 信義| 西木 禎一| 富澤 一仁| 松井 秀樹|
発行日 2009-12-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
121巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 大守 伊織|
発行日 1995-08-31
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
107巻
7-8号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 大守 伊織|
発行日 1995-03-31
出版物タイトル
資料タイプ 学位論文