著者 松田 陽一| 李 一飛|
発行日 2004
出版物タイトル 北東アジア経済研究
1巻
1号
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/1739
JaLCDOI 10.18926/OER/12424
タイトル(別表記) Research on Organizational Change : Comparison between 2006’s survey and 1986’s, 1996’s survey in the Japanese Corporate’s CI activities.
フルテキストURL 39_1_023_046.pdf
著者 松田 陽一|
抄録 今日,バブル経済崩壊後の景気回復の兆しも見受けられ,企業は新しい経営スタイルを模索する必要性にせまられている。さらに,従来にもまして企業をとりまく環境は,急速的に変化し,企業には,それらに対して,従業員の意識や行動の変革を意図したいわゆる組織変革行動が常態的に要請されている。このような状況下,我々の研究関心は,企業の組織変革行動が,今日,どのような様相を呈しているのか,そして,それが今日までにどのように変化してきているのか,ということにある。以上の研究関心に基づき,我々は,2006年8月から8月末日にかけて質問票を使用したアンケート調査(以下,「06年調査」と略称する)を行った。この06年調査における具体的な課題は,日本企業が行ってきた組織変革行動の代表的な施策(体系)のひとつであるCI (Corporate Identity)活動を対象にして,第1に,今日の企業の組織変革行動の様相を明らかにすること,第2に,06年調査の結果と,1986年の調査,あるいは1996年の調査とを比較することにより,その活動がどのように変化してきているのかについて明らかにすることである。よって,本稿の目的は,この課題に基づき行った06年調査の調査結果(内容と比較)を報告することにある。ここで,1986年の調査とは,1986年に財団法人企業活力研究所が行った調査(以下,「86年調査」と略称する)である。また,1996年の調査とは,1996年に松田他が行った調査(以下,「96年調査」と略称する。詳細は,松田陽一『企業の組織変革行動』千倉書房,2000年を参照のこと)である。な お,06年調査の詳細については,松田(2006)を参照いただきたい。 また,上記の86・96・06年調査においては,①導入年次は異なるが,CI 活動を導入した日本国内の企業を調査対象としたこと,②質問票を使用するアンケート調査という調査方法であること,③質問票には共通している質問項目があること(96・06年調査はその一部について,経時変化をみるという観点から,86年調査と同様な質問項目を使用している),について同じである。よって,本稿における以下の調査結果では,上記の第2の課題を明らかにするために,共通している部分については「86年調査(全てではない)」,あるいは「96年調査」の調査結果をも同時に提示している。なお,それぞれの調査の概要は表1のとおりである。
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2007-06
39巻
1号
開始ページ 23
終了ページ 46
ISSN 03863069
言語 Japanese
著作権者 岡山大学経済学会
論文のバージョン publisher
NAID 120002304855
JaLCDOI 10.18926/OER/13157
タイトル(別表記) Research on Emplyee’s Will and Behavior Change : Questionnaire Survey for Companies in Domesetic and Okayama Prefecture.
フルテキストURL 40_1_063_091.pdf
著者 松田 陽一|
抄録 目次 I.全調査の目的等 II.全調査の概要 III.全調査の分析結果の要約 IV.全調査の分析結果の詳細 V.考察
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2008-06-10
40巻
1号
開始ページ 63
終了ページ 91
ISSN 03863069
関連URL http://www.e.okayama-u.ac.jp/~shiryou/gakkaishi.htm
言語 Japanese
著作権者 岡山大学経済学会
論文のバージョン publisher
NAID 120002310257
JaLCDOI 10.18926/OER/13285
タイトル(別表記) Report on Company's Evaluation in Organizational Change : Interview for Japanese Company's CI (Corporate Identity) Activities
フルテキストURL 40_2_023_048.pdf
著者 松田 陽一|
抄録 目次 I.はじめに II.CI 活動の様相 III.インタビュー調査の概要 IV.インタビュー調査の結果の概要 V.議論
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2008-09-10
40巻
2号
開始ページ 23
終了ページ 48
ISSN 03863069
関連URL http://www.e.okayama-u.ac.jp/~shiryou/gakkaishi.htm
言語 Japanese
著作権者 岡山大学経済学会
論文のバージョン publisher
NAID 120002310636
JaLCDOI 10.18926/OER/14103
タイトル(別表記) Report on the Interview for Effects that Organizational changeof the Company introduces Emplyee’s Will and Behavior Change.
フルテキストURL 40_3_021_070.pdf
著者 松田 陽一|
抄録 本稿の目的は,企業は組織変革行動として多様な施策を行うのであるが,それらが従業員の意識の変革,および行動の変革に対してどのような影響を与えているのかについて,明らかになったことを報告することである。
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2008-12-10
40巻
3号
開始ページ 21
終了ページ 70
ISSN 0386-3069
関連URL http://www.e.okayama-u.ac.jp/~shiryou/gakkaishi.htm
言語 Japanese
著作権者 岡山大学経済学会
論文のバージョン publisher
NAID 120002308667
JaLCDOI 10.18926/OER/15112
タイトル(別表記) Study on retirement program of Japanese Companies : Interview for employee's work contribution.
フルテキストURL 41_1_001_029.pdf
著者 烏 日娜| 松田 陽一|
抄録 This paper examines to what degrees employees' work contribution to Japanese companies is currently reflected in their retirement program, by using interview as research method (July−Dec., 2008 ; on eight companies and two public offices). It also examines the content of the programs, such as social environment surrounding the system, company policies, and problems and solutions involved in the operation, as well as the transition of the system after Meiji era. Major findings include the followings. Firstly despite some changes occurred in the system as a result of diversification of employment types and styles and also alteration of company policies, the system itself will be maintained in the future. Secondly, although many companies modified conventional seniority−based salary systems for a retirement program that reflect employees' work contribution more clearly through an adoption of 'point system' and other measures, they still find some problems in new systems in their operation and practicality.
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2009-06-10
41巻
1号
開始ページ 1
終了ページ 29
ISSN 0386-3069
関連URL http://www.e.okayama-u.ac.jp/~shiryou/gakkaishi.htm
言語 Japanese
著作権者 岡山大学経済学会
論文のバージョン publisher
NAID 120002307792
JaLCDOI 10.18926/OER/15113
フルテキストURL 41_1_031_052.pdf
著者 松田 陽一| 郭 琳|
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2009-06-10
41巻
1号
開始ページ 31
終了ページ 52
ISSN 0386-3069
関連URL http://www.e.okayama-u.ac.jp/~shiryou/gakkaishi.htm
言語 Japanese
著作権者 岡山大学経済学会
論文のバージョン publisher
NAID 120002307458
JaLCDOI 10.18926/OER/16071
タイトル(別表記) Report on Survey for Qualitative Utilization of Non−Regular Employees in Japanese Companies.
フルテキストURL 41_2_039_054.pdf
著者 松田 陽一| 國米 充之| 烏仁 塔娜|
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2009-09-10
41巻
2号
開始ページ 39
終了ページ 54
ISSN 0386-3069
関連URL http://www.e.okayama-u.ac.jp/~shiryou/gakkaishi.htm
言語 Japanese
著作権者 岡山大学経済学会
論文のバージョン publisher
NAID 120002306441
JaLCDOI 10.18926/OER/16072
タイトル(別表記) Report on Survey for Work-Life Balance in Japanese Companies.
フルテキストURL 41_2_055_076.pdf
著者 松田 陽一| 國米 充之| 王 静|
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2009-09-10
41巻
2号
開始ページ 55
終了ページ 76
ISSN 0386-3069
関連URL http://www.e.okayama-u.ac.jp/~shiryou/gakkaishi.htm
言語 Japanese
著作権者 岡山大学経済学会
論文のバージョン publisher
NAID 120002306669
JaLCDOI 10.18926/OER/20115
タイトル(別表記) Study on Employee Welfare System in China: Interview with Companies in the Northeast region of China.
フルテキストURL 41_4_017_045.pdf
著者 松田 陽一| 于 楠|
抄録 This paper examines contemporary aspects of employee welfare system in China Companies,by mainly using interview as research method (March, 2009; one small size company and big size one in the Northeast region of China). It also examines the content of the welfare system in terms of social security, company policies, and problems involved in the operation, while comparing them to Japanese companies. Major findings from this research include the followings. (1) In China, companies increasingly regard employee welfare system as important policies (cf: improving the stability of the work force,or employee motivation etc), in human resource management like Japanese. (2) After the 1978 the reform and door-opening movements Chinese, companies have faced some ploblems(cf:high cost) with their welfare System.While welfare system at Chinese companies have been on the increase,there has not so much a paradigm shift as one found in Japan,from employees relying on benefits provided by the companies to promotion of employee's self independent and autonomy.
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2010-03-31
41巻
4号
開始ページ 17
終了ページ 45
ISSN 0386-3069
関連URL http://www.e.okayama-u.ac.jp/~shiryou/gakkaishi.htm
言語 Japanese
著作権者 岡山大学経済学会
論文のバージョン publisher
NAID 120002310882
JaLCDOI 10.18926/OER/40499
タイトル(別表記) A Study on the Executive’s Business Values Tradition : The Case Study of Shonosuke Hayashi at YOSHIMOTO KOGYO Applied the Metaphor for Gene Tradition
フルテキストURL oer_037_2_037_056.pdf
著者 松田 陽一|
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2005-09-10
37巻
2号
開始ページ 37
終了ページ 56
ISSN 0386-3069
関連URL http://www.e.okayama-u.ac.jp/gakkai/
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002514606
JaLCDOI 10.18926/OER/40516
タイトル(別表記) A Study on the Executive’s Business Values Tradition : The Case Study of Shonosuke Hayashi at YOSHIMOTO KOGYO Applied the Metaphor for Gene Tradition
フルテキストURL oer_037_3_075_092.pdf
著者 松田 陽一|
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2005-12-10
37巻
3号
開始ページ 75
終了ページ 92
ISSN 0386-3069
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002576138
JaLCDOI 10.18926/OER/40533
タイトル(別表記) Study on today’s changes in company’s employee welfare : On the basis of researches for Japanese companies
フルテキストURL oer_036_3_075_089.pdf
著者 松田 陽一|
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2004-12-10
36巻
3号
開始ページ 75
終了ページ 89
ISSN 0386-3069
関連URL http://www.e.okayama-u.ac.jp/gakkai/
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002576154
JaLCDOI 10.18926/OER/58072
タイトル(別表記) Report on the Interview in Management of High Performance Team Medical Care
フルテキストURL oer_051_2-3_053_084.pdf
著者 松田 陽一|
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2020-03-19
51巻
2-3号
開始ページ 53
終了ページ 84
ISSN 2433-4146
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2020 岡山大学経済学会
論文のバージョン publisher
NAID 120006812125
JaLCDOI 10.18926/OER/49029
タイトル(別表記) Survey of Studies in Hindrance (Resistance) to Organizational Change: Focus on its Factor, Mechanism, Elimination. (the first half )
フルテキストURL oer_044_3_023_047.pdf
著者 松田 陽一|
抄録 Organizational change is important topics in organizational behavior. This paper aims to survey of studies in hindrance (resistance) to organizational change. Especially, we focus on its factor, mechanism, and elimination. And so, suevey previous studies from viewpoint of ①macro organizational theory’s arguments, ②micro organizational theory’s arguments, ③social psychology theory’s arguments, ④consultan’s suggestion. To be continned sequel. (the second half)
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2012-12-10
44巻
3号
開始ページ 23
終了ページ 47
ISSN 0386-3069
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2012 岡山大学経済学会
論文のバージョン publisher
NAID 120005053301
著者 松田 陽一| 佐々木 正顕|
発行日 2004-11
出版物タイトル 環境制御
26巻
資料タイプ 紀要論文
著者 松田 陽一| 佐々木 正顕|
発行日 2003-08
出版物タイトル 環境制御
25巻
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/OER/49317
タイトル(別表記) Survey of Studies in Hindrance(Resistance) to Organizational Change: Focus on its Factor, Mechanism, Elimination. (the second half)
フルテキストURL oer_044_4_021_040.pdf
著者 松田 陽一|
抄録 Organizational change is important topics in organizational behavior. This paper aims to survey of studies in hindrance(resistance) to organizational change. Especially, we focus on its factor, mechanism, and elimination. And so, we suevey previous studies from viewpoint of ①macro organizational theory's arguments(Ma. O), ②micro organizational theory's arguments(Mi. O), ③social psychology theory's arguments(S. P), ④consultant's suggestion(C. S). This paper's important points are as follows: ①factor are various: organizational inertia, action, information' flow(Ma. O), loss, stress, trust, recognition, learning(Mi. O), resistance, worry, self-defense(S. P), failure and behavior(8 factors), restrictive functions in equilibrium(10 problems), barrier(C. S). ②Mechanism are various: organizational inertia, action(Ma. O), loss and compusion, recognition(schema, conflict), organizational culture change(Mi. O), driving force and resistance force, influence and balance(S. P). damage, crisis andadherence(C. S). ③Elimination: organizational inertia, adaptation and balance, restraint, adjustment(Ma. O), participation, reward system, vision(Mi. O), participation, job design, taking turns, persuasion(S. P), paticipation, commitment, many eliminated methods(C. S). Addtionaly, our problems are as follows; ①significance of discussion and ②promotion factor in organizational change. And ③rationality, ④measuring method, ⑤practicing to management in organizational change.
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2013-02-20
44巻
4号
開始ページ 21
終了ページ 40
ISSN 0386-3069
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2013 岡山大学経済学会
論文のバージョン publisher
NAID 120005232370
JaLCDOI 10.18926/OER/52265
タイトル(別表記) Interview on Organizational Change (1)
フルテキストURL oer_045_4_017_042.pdf
著者 松田 陽一|
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2014-03-11
45巻
4号
開始ページ 17
終了ページ 42
ISSN 0386-3069
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2014 岡山大学経済学会
論文のバージョン publisher
NAID 120005398232
JaLCDOI 10.18926/OER/52737
タイトル(別表記) Interview on Resistance in Organizational Change (2)
フルテキストURL oer_046_1_081_122.pdf
著者 松田 陽一|
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2014-07-04
46巻
1号
開始ページ 81
終了ページ 122
ISSN 0386-3069
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2014 岡山大学経済学会
論文のバージョン publisher
NAID 120005457105