このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15191
JaLCDOI
Sort Key
3
タイトル(別表記)
Antifungal effect of "Mokusaku-Eki" against Trichophyton mentagrophytes and Trichophyton rubrum
フルテキストURL
著者
渡邉 久美 岡山大学医学部保健学科看護学専攻
住吉 和子 岡山大学医学部保健学科看護学専攻
金子 典代 岡山大学医学部保健学科看護学専攻
横田 憲治 岡山大学大学院医歯学総合研究科病原細菌学
川田 智惠子 岡山大学医学部保健学科看護学専攻
抄録
足白癬は糖尿病患者で合併しやすく,高齢者にも多発する。近年,白癬菌に対する木酢液の抗菌作用が知られており,この最適有効濃度を明らかにするため本研究を企画した。白癬菌はTrichophyton mentagrophytesとTrichophyton rubrumの2菌種を用い,木酢液は市販品を用いた。発育抑制テストは終濃度2,3,4,5%の木酢液を含んだ寒天平板希釈法で行った。殺菌テストは2.5,5,10%溶液を胞子と接触後,寒天平板培地に接種し,菌の発育の有無を観察した。発育抑制作用は,両菌種とも3%以上で7日培養後の菌糸の発育は見られなかった。殺菌作用は, T. mentagrophytesでは10%,5%においては6時間接触で,2.5%においては24時間接触で菌糸の発育が見られず, T. rubrumでは,10%以上においては24時間接触で,5%においては48時間接触で菌糸の発育が見られなかった。足浴等の看護ケアに木酢液を応用するためには,今後より短時間の接触で効果が得られる方法の検討が必要である。
抄録(別表記)
The Mokusaku-Eki is a kind of pyroligneous acid and a dark brown colored solution which obtained from the charcoal burner of Quercus spp. woods as a by-product. In Japan, the antifungal effects of this solution are well known in public. However, it is not clear that minimal inhibitory concentration (MIC) of Mokusaku-Eki against Trichophyton spp. In this study, we examined their antifungal activities in view of MIC and germicidal effect. To examine MIC of Mokusaku-Eki against Trichophyton spp, agar, dilution assay were used. Sabouraud agar plates containing 2%, 3%, 4%, or 5% of Mokusaku-Eki were prepared. Then the spores of T. mentagrophytes and T. rubrum inoculated onto each agar plate respectively and incubate the plates at 30℃. The growth of T. mentagrophytes and T. rubrum were completely inhibited on the agar plates contained more than 3% Mokusaku-Eki. Furthermore, we investigated the fungicidal effect of Mokusaku-Eki against these fungus. We exposed the spores of T. mentagrophytes and T. rubrum respectively to 2.5%, 4% or 10% Mokusaku-Eki for 20 min, 1 hr, 6 hr, 24 hr, and 48 hr, and then inoculated them onto Sabouraud agar plates. Exposures of the spores to 5% of the Mokusaku-Eki for 24 hr and 48 hr completely killed them and we could show that Mokusaku-Eki have also germicidation activity against both T. mentagrophytes and T. rubrum.
キーワード
木酢液 (Mokusaku-Eki)
白癬菌 (Trichophyton)
発育抑制作用 (Antifungal effect)
足部白癬 (Trichophytosis)
出版物タイトル
岡山大学医学部保健学科紀要
発行日
2004-03-31
14巻
2号
出版者
岡山大学医学部保健学科
出版者(別表記)
Faculty of Health Sciences Okayama University Medical School
開始ページ
129
終了ページ
133
ISSN
1345-0948
NCID
AA11403004
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
NAID
Eprints Journal Name
fhs