このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 53150
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Applying Teaching Method of Japan’s Reading Class in Korea
著者
浮田 真弓 岡山大学大学院教育学研究科 社会・言語教育学系
韓 貞善
抄録
 韓国と日本の国語科の教育目標には共通して,国語を正確に使用・理解すること,国語に 対する正しい態度を育てることがあげられている。そして,教育内容にも多くの共通点があ る。従って,両国の授業方法の共有が可能であると判断し,日本の授業方法の中で,「単元 を貫く言語活動」をとりあげ,中でも資料を制作して読んだ本を友達に紹介することを単元 に位置付けた授業について考察した。次に,韓国の教科書で授業の目的は変更せず,日本の 授業方法を適用し,単元を新しく構成した。
キーワード
読むこと
授業方法
韓国
教員
発行日
2015-02-25
出版物タイトル
岡山大学大学院教育学研究科研究集録
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of Graduate School of Education, Okayama University
158巻
出版者
岡山大学大学院教育学研究科
出版者(別表記)
Graduate School of Education, Okayama University
開始ページ
53
終了ページ
61
ISSN
1883-2423
NCID
AA12338258
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
bgeou