このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 13731
Eprint ID
13731
フルテキストURL
Thumnail 108_145.pdf 872 KB
タイトル(別表記)
Artery ascending between the scalenus anterior and medius muscles. Accessory ascending cervical artery
著者
村上 宅郎 岡山大学医学部第二解剖学教室
人見 さよ子 岡山大学医学部第二解剖学教室
佐藤 徹 岡山大学医学部第二解剖学教室
朴 大勛 岡山大学医学部第二解剖学教室
大塚 愛二 岡山大学医学部第二解剖学教室
田口 勇仁 岡山大学医学部第二解剖学教室
抄録
Dissection of 25 adult Japanese cadavers revealed an artery that consistently arose from the subclavian artery and ascended between the scalenus anterior and medius muscles. This accessory ascending cervical artery, when developed, issued the dorsal scapular artery which penetrated the scalenus medius muscle. Typological discussion suggested that the accessory ascending cervical artery was a remnant of the longitudinal anastomoses along the embryonic intersegmental arteries.
キーワード
Accessory ascending cervical artery
dorsal scapular artery
vertebral artery
subclavian artery
intersegmental artery
備考
原著
発行日
1996-06-29
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
108巻
3-6号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
145
終了ページ
148
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/108/3-6/108_3-6_145/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma