著者 眞田 敏| 池田 葵| Higa Diez, Midory| 加戸 陽子| 荻野 竜也| 中野 広輔| 山根 大輝| 横内 理絵| 濃野 信|
発行日 2014-07-28
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
156巻
資料タイプ 紀要論文
著者 Sanada, Satoshi| Higa Diez, Midory| Yamane, Daiki| Kado, Yoko| Nakano, Kousuke| Ogino, Tatsuya|
発行日 2014-07-28
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
156巻
資料タイプ 紀要論文
著者 眞田 敏| 浅野 孝| 岡 鍈次| 河原 道子| 栄 勝美| 平木 祥夫| 大田原 俊輔|
発行日 1999
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
110巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 眞田 敏| 柳原 正文| 林 優子|
発行日 2001
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
116巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 加戸 陽子| 玉木 涼子| 眞田 敏|
発行日 2004
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
127巻
資料タイプ 紀要論文
著者 眞田 敏| 藤川 由起子| 玉木 涼子|
発行日 2003-07-10
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
123巻
資料タイプ 紀要論文
著者 眞田 敏| 目時 英治| 柳原 正文|
発行日 2002
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
120巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 眞田 敏| 小川 和則| 大守 伊織| 荻野 竜也| 石田 喬士|
発行日 1998
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
108巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 Sanada, Satoshi| Chumioque, Cecilia|
発行日 2005
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
129巻
1号
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/CTED/49482
タイトル(別表記) Musical Factors on Emotion and Developmental Aspect of Musical Behavior ‐ Knowledge of Musical Support for Children with Pervasive Developmental Disorder -
フルテキストURL cted_003_010_016.pdf
著者 横内 理絵| 眞田 敏|
抄録  本研究では,音楽を用いた支援を行う際の基礎的条件になると考えられる音楽の三要素が,情動におよぼす影響について検討し,さらに,乳幼児期の音楽的行動の発達についても既報論文に基づいて展望的研究を行った。リズムは人と人との情動的結びつきを強化させ,メロディーは安心や懐かしさを感じさせ,ハーモニーは心理的あるいは身体的な緊張と弛緩を生み出すことが示唆された。音楽的行動の発達では,スプーンでものを口に運ぶ18か月ごろからタンバリンを振り鳴らす行動が見られ,ひもを結ぶなど手指の分化が著しくなる5 歳ごろから旋律楽器での分担奏が可能となることなどが示唆された。効果的な支援を行うためには,音楽の三要素の特性を理解し情動的影響を企図した支援を行なうこと,音楽的行動の発達過程を参考に対象児の音楽的技術の獲得水準を判断した楽器や曲の選択が重要であることを提言した。
キーワード 音楽 情動 音楽的行動 広汎性発達障害 支援
備考 原著
出版物タイトル 岡山大学教師教育開発センター紀要
発行日 2013-03-08
3巻
出版者 岡山大学教師教育開発センター
出版者(別表記) Center for Teacher Education and Development, Okayama University
開始ページ 10
終了ページ 16
ISSN 2186-1323
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2013 岡山大学教師教育開発センター
論文のバージョン publisher
査読 無し
NAID 120005232443
Sort Key 4
Eprints Journal Name cted
著者 横内 理絵| 眞田 敏|
発行日 2012-07-27
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
150巻
資料タイプ 紀要論文
著者 眞田 敏| 新谷 真以| 福田 あやこ| 津島 靖子| 荻野 竜也|
発行日 2012-07-27
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
150巻
資料タイプ 紀要論文
著者 加戸 陽子| 松田 真正| 眞田 敏|
発行日 2004-03-10
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
125巻
資料タイプ 紀要論文
著者 加戸 陽子| 松田 真正| 眞田 敏|
発行日 2003-07-10
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
123巻
資料タイプ 紀要論文
著者 松田 真正| 加戸 陽子| 眞田 敏|
発行日 2003-03-15
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
122巻
資料タイプ 紀要論文
著者 眞田 敏| 加戸 陽子| 松田 真正|
発行日 2001-11-15
出版物タイトル 岡山大学教育学部研究集録
118巻
資料タイプ 紀要論文
著者 津島 靖子| 眞田 敏|
発行日 2011-06-25
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
147巻
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/AMO/30779
フルテキストURL fulltext.pdf
著者 Sanada, Satoshi| Murakami, Nagako| Horiuchi, Isaac| Oka, Eiji| Ohtahara, Shunsuke|
抄録 <p>Using a transcranial Doppler blood flowmeter, the blood flow velocity (BFV) ratio of the middle cerebral artery (MCA) to the basilar artery (BA) was investigated in 12 patients with severe motor and intellectual disability syndrome. The BFV of the MCA was also investigated in 58 handicapped children, classified according to the severity of their motor and intellectual disability. The ratio of the MCA to the BA was lower by 2 SD from the mean of our previously reported standard value in 8 out of the 12 cases with severe motor and intellectual disability syndrome, suggesting a more profound decrease in the level of brain activity in the MCA area than that of the BA area. The BFV of the MCA mainly decreased in cases belonging to the category of the most severe motor disability (bed-ridden). Hence, it is suggested that motor disability is the main factor related to the decrease in the BFV of the MCA.</p>
キーワード transcranial blood flowmetry blood flow velocity handicapped children severe motor and intellectual disability syndrome
Amo Type Article
発行日 1997-04
出版物タイトル Acta Medica Okayama
51巻
2号
出版者 Okayama University Medical School
開始ページ 111
終了ページ 113
ISSN 0386-300X
NCID AA00508441
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 English
OAI-PMH Set 岡山大学
論文のバージョン publisher
査読 有り
Submission Path amo/vol51/iss2/9
PubMed ID 9142349
Web of Sience KeyUT A1997WX19600009
JaLCDOI 10.18926/AMO/30765
フルテキストURL fulltext.pdf
著者 Oka, Eiji| Sanada, Satoshi| Asano, Takashi| Ishida, Takashi|
抄録 <p>Mental retardation is detected in 20-30% of children with epilepsy at hospitals specializing in treatment of childhood epilepsy. However, the incidence of mental deterioration in childhood epilepsy is not high. In this study, mental deterioration was found in 52 (1.8%) of the 2,880 children with epilepsy at Okayama University Hospital. The patients showing mental deterioration mostly suffered from specific epileptic syndromes, such as West syndrome, Lennox-Gastaut syndrome, severe myoclonic epilepsy in infancy and epilepsy with continuous spike-waves during slow wave sleep. These types of epilepsy show generalized electroencephalographic (EEG) abnormalities. It is presumed that mental deterioration is caused by the total effects of prolonged diffuse EEG abnormalities and the age of the patients. Antiepileptic drugs exert a relatively minor effect on mental deterioration.</p>
キーワード mental deterioration mental retardation epilepsy EFG children
Amo Type Review
発行日 1997-08
出版物タイトル Acta Medica Okayama
51巻
4号
出版者 Okayama University Medical School
開始ページ 173
終了ページ 178
ISSN 0386-300X
NCID AA00508441
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 English
OAI-PMH Set 岡山大学
論文のバージョン publisher
査読 有り
Submission Path amo/vol51/iss4/1
PubMed ID 9284965
Web of Sience KeyUT A1997XU03200001
著者 中山 利美| 眞田 敏| 柳原 正文| 津島 靖子| 森上 朋子| 加戸 陽子| 荻野 竜也| 大塚 頌子|
発行日 2007-03-10
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
7巻
1号
資料タイプ 紀要論文