このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14388
JaLCDOI
Sort Key
16
タイトル(別表記)
The Stroop effect for Attention Deficit/Hyperactivity Disorder and Pervasive Developmental Disorder
フルテキストURL
著者
中山 利美 岡山大学大学院教育学研究科
眞田 敏 岡山大学教育学部障害児教育講座
柳原 正文 岡山大学教育学部障害児教育講座
津島 靖子 岡山大学教育学部障害児教育講座
森上 朋子 倉敷市立第二福田小学校
加戸 陽子 関西大学文学部
荻野 竜也 中国学園大学子ども学部
大塚 頌子 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科発達神経病態学
抄録
注意欠陥/多動性障害(Attention Deficit/Hyperactivity Disorder ; AD/HD)および広汎性発達障害(Pervasive Developmental Disorder ; PDD)における干渉効果を検討することを目的とし、AD/HD群21名、PDD群23名、対照群101名を対象にストループテストを行い、Word Reading (WR)課題、Color Naming (CN)課題、Incongruent Color Naming (ICN)課題について評価した。対照群から得られた成績に95%の信頼区間を設け、AD/HD群およびPDD群の成績と比較した結果、AD/HD群においては大多数の症例が信頼区間の範囲内の成績を示した。一方、PDD群ではICN課題において23例中2例、ICN-CNにおいて23例中4例、ICN/CNにおいて23例中4例が95%信頼区間外の成績を示した。
抄録(別表記)
To clarify the interference effect in attention deficit/hyperactivity disorder (AD/HD) and pervasive developmental disorder (PDD), the Stroop test was performed with 21 children with AD/HD, 23 children with PDD and 101 normal subjects. Word reading, color naming (CN) and incongruent color naming (ICN) were measured, then, such indices as ICN-CN and ICN/CN as well as ICN scores were evaluated. Results obtained from children with AD/HD and PDD were compared with those from normal subjects applying the confidence interval of 95%. Most of the children with AD/HD were plotted within the range of 95% confidence interval. As for the PDD, 2 of 23 in ICN, 4 of 23 in ICN-CN and ICN/CN were plotted out of the 95% confidence interval. Further work on the characterization of the phenotype of PDD plotted out of the 95% confidence interval may aid in extending the clinical application of this test.
キーワード
ストループテスト (Stroop test)
注意欠陥/多動性障害 (AD/HD)
広汎性発達障害 (PDD)
干渉効果 (interference effect)
出版物タイトル
岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日
2007-03-10
7巻
1号
出版者
岡山大学教育学部附属教育実践総合センター
出版者(別表記)
Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
開始ページ
157
終了ページ
164
ISSN
1346-3705
NCID
AA11529614
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
NAID
Eprints Journal Name
rdc