このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 13791
Eprint ID
13791
フルテキストURL
Thumnail 108_293.pdf 197 KB
タイトル(別表記)
Tannic acid as a tissue fixative, with special reference to mixed use with glutaraldehyde and paraformaldehyde
著者
村上 宅郎 岡山大学医学部第二解剖学教室
朴 大勛 岡山大学医学部第二解剖学教室
大塚 愛二 岡山大学医学部第二解剖学教室
西田 圭一郎 岡山大学医学部第二解剖学教室
抄録
Tannic acid mixed with glutaraldehyde or paraformaldehyde is a strong fixative, which can precipitate amino acids and oligopeptides such as arginine and glutathione. Tissue specimens fixed with this tannin-aldehyde mixture are useful for histochemical studies, including lectin labeling, immunological staining and tissue enzyme digestion.
キーワード
Tannic acid
paraformaldehyde
glutaraldehyde
tissue fixation
備考
原著
発行日
1996-10-31
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
108巻
9-10号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
293
終了ページ
296
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/108/9-10/108_9-10_293/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/index.html
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma