このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14747
Eprint ID
14747
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Spa therapy for patients with respiratory disease. Analysis of 2129 patients admitted at Misasa Medical Center for last 21 years from 1982 to 2002
著者
谷崎 勝朗 岡山大学三朝医療センター 内科
光延 文裕 岡山大学三朝医療センター 内科 Kaken ID researchmap
保﨑 泰弘 岡山大学三朝医療センター 内科
芦田 耕三 岡山大学三朝医療センター 内科
西田 典数 岡山大学三朝医療センター 内科
柘野 浩史 岡山大学三朝医療センター 内科
永田 拓也 岡山大学三朝医療センター 内科
横井 正 岡山大学三朝医療センター リハビリテーション科
高田 真吾 岡山大学三朝医療センター 内科
抄録
1982年から2002年までの21年間の当医療センターで入院加療した2129例を対象に5年間毎にその年次推移を検討した.2129例のうちわけは,気管支喘息1311例(61.5%),COPD467例(21.9%),その他351例であった.1. 気管支喘息は,第1期(1982-1986年)の5年間では,平均11.4例/年であったが第4期(1997-2001年)では平均93例と初期と比べ8.1倍の増加が見られた.また,そのなかのSDIA (steroid-dependent intractable asthma)の頻度は初期の68.4%から第4期では28.9%にまで低下する傾向を示した.2. COPD症例は,初期の5年間(1982-1986年)では平均5.2例/年から第4期には45.4例へと8.7倍の増加が見られた.また,そのなかの肺気腫が占める割合いは初期の19.2%から第4期では78.5%と明らかな増加傾向を示した.なお,昨年度の1年間では,第4期の5年間(1997-2001年)とほぼ同様の傾向を示したが,全般的な傾向としては気管支喘息症例がやや減少し,一方肺気腫症例が増加する傾向が見られた.3. 気管支喘息およびCOPD症例の年齢別検討では,60歳以上の症例の頻度は第1期では30.1%だあったが,第4期では68.0%,そして昨年度は85.4%と,年々その頻度は高くなっていく傾向が見られた.すなわち,最近21年間の年次推移からは,温泉療法を必要とする呼吸器疾患患者が増加しつつあること,そしてその年令は年々高くなる傾向にあることが示された.
抄録(別表記)
Analysis of 2129 patients with respiratory disease admitted at Misasa Medical Center for last 21 years from 1982 to 2002 was performed every five years. Of all patients with respiratory disease, 1778 (83.5%) patients had asthma and chronic obstructive pulmonary disease (COPD). 1. Of 1778 patients showing obstructive ventilatory dysfunction, 1311 (73. 7%) patients had asthma. The frequency of asthma in all patients with respiratory disease was 53.8% for the first 5 years from 1982, 71. 7% for the second 5 years, 73.6% for the third 5 years, 53.9% for the last 5 years and 43.6% in 2002. 2. The frequency of steroid -dependent intractable asthma (SDIA) was from 25.9% to 41. 3% except the frequency (68.4%) for the first 5 years. The frequency of patients with SDIA showed a tendency to decrease in recent years. The frequency of patients with pulmonary emphysema in those with COPD was very low 09.2% for the first 5 years) tended to increase and 76. 7% for the last 5 years and 88.5% in 2002. The frequency of patients over age 60 was 30. 1% for the first 5 years, and showed a tendency to increase, and 68.0% for the last 5 years and 85.4% in 2002. 3. The frequency of patients from distant areas outside Tottori prefecture was larger compared to the frequency inside Tottori prefecture. The number of patients from Okayama, Osaka, Hyogo, Tokyo, Ehime, Yamaguchi, and Kyoto was larger than the number from other distant areas.
キーワード
喘息
COPD
温泉療法
高齢者
発行日
2003-02-01
出版物タイトル
岡大三朝医療センター研究報告
出版物タイトル(別表記)
Annual reports of Misasa Medical Center, Okayama University Medical School / Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
73巻
出版者
岡山大学医学部附属病院三朝医療センター
出版者(別表記)
Okayama University Medical School / Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
開始ページ
1
終了ページ
9
ISSN
1348-1258
NCID
AA11840279
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
mmc