フルテキストURL bgeou_175_027_037.pdf
著者 石橋 一昴|
抄録  複雑化する現代社会において,条件付き確率は全市民に必須の教養である。また,確率概念は確率の学習のみによって形成されるものではなく,算数・数学科の他の学習内容の影響を多分に受けている。その中でも特に,小学校算数科「割合」単元の学習の影響は大きいと考えられている。そこで本稿の目的は,小学校算数科「割合」単元の授業を通した条件付き確率の素地指導を開発することである。結果として,二次元の表から割合を求める問題と,円グラフと帯グラフから割合を求める問題を開発し,それが条件付き確率の素地指導のための教材であり,割合単元の教材でもあることを確認した。さらに発展教材として,単位正方形図を用いた割合単元の教材も開発した。
キーワード 割合 二次元の表 円グラフや帯グラフ 条件付き確率 単位正方形図
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
発行日 2020-11-27
175巻
開始ページ 27
終了ページ 37
ISSN 1883-2423
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
フルテキストURL fulltext.pdf
著者 石橋 一昴|
キーワード 確率の認識 教授単元 モンティ・ホール問題 条件付き確率 確率 意思決定
発行日 2020-06
出版物タイトル 日本数学教育学会誌
102巻
5号
出版者 日本数学教育学会
開始ページ 25
終了ページ 33
ISSN 0021471X
NCID AN00285586
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 Japanese
OAI-PMH Set 岡山大学
論文のバージョン publisher