このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14353
JaLCDOI
Sort Key
4
タイトル(別表記)
A Research on Concepts of Particle for Substance in High School Chemistry
フルテキストURL
著者
渡邊 敏夫 徳島県立城南高校
ギルバート オンウ 南アフリカ共和国プレトリア大学教育学部
抄録
中学校理科、並びに高校化学における基礎概念の物質の粒子概念や原子・分子の粒子としての表現についてある普通科高校の高校生1年から3年までの全クラスの生徒997名対象に、イメージ図を用いて理解度を測定する目的で調査を行い、イメージとして物質の粒子概念が高校生にどうとらえられているかを明らかにした。この結果より全般的に基礎知識の理解とその応用について不十分であることがわかった。また、全学年で化学変化と物理変化の違いについてイメージができておらず、化学の本質の理解の点で問題点があることがわかった。
抄録(別表記)
We have carried out a research on concepts of particle for substance in high school chemistry and junior high school natural science by questionair method with image schema. One of the purposes is the measurement of high school students' understanding depth on substance aas particles. The result shows that many students cannot distinguish pure substance, pure element, pure compound and so many students do not understand physical and chemical changes. Our conclusion is that there are some issues on chemistry culiculum and textbooks in the basic and fundamental level.
キーワード
中学校理科(natural science in Junior high school level)
高校化学(high school chemistry)
粒子概念(concept of particles)
純物質と混合物(pure substance and mixture)
化学反応(chemical reaction)
出版物タイトル
岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日
2006-03-25
6巻
1号
出版者
岡山大学教育学部附属教育実践総合センター
出版者(別表記)
Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
開始ページ
33
終了ページ
38
ISSN
1346-3705
NCID
AA11529614
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
NAID
Eprints Journal Name
rdc