著者 杉尾 剛| 藤原 勲| 花瀬 真理| 上村 一雄|
発行日 1998-02
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
87巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 上村 一雄|
発行日 1999-02
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
88巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 上村 一雄| 澤田 竜子| 杉尾 剛|
発行日 2002-02
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
91巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 岩井 暁| 山本 健太郎| 金尾 忠芳| 杉尾 剛| 上村 一雄|
発行日 2006-02
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
95巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 Manchur, Mohammed Abul| Kikumoto, Mei| Kanao, Tadayoshi| Takada, Jun| Kamimura, Kazuo|
発行日 2011-05
出版物タイトル Extemophiles
15巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 上村 一雄| 長田 臨| 菊本 愛生| Sharmin, Sultana| 若井 暁| 金尾 忠芳|
発行日 2015-02-01
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
104巻
資料タイプ 紀要論文
タイトル(別表記) Development of Effective Biological Treatment Process for Acid Mine Drainage
フルテキストURL srfa_109_029_036.pdf
著者 上村 一雄| 金尾 忠芳|
抄録 Acid mine drainage (AMD) is acidic and generally enriched with iron, aluminum, sulfate and heavy metals, such as lead and cadmium. AMD is a growing problem of emerging concern that cause detrimental effects to the environment and living organisms. Yanahara mine in Misaki Town, Okayama, Japan, had mainly produced pyrite for sulfuric acid manufacture. Although it was closed in 1991, AMD is being generated from the mine now. A passive treatment based on the biological oxidation of ferrous iron is a promising strategy for AMD remediation. AMD from Yanahara mine is treated in a plant using iron-oxidizing bacteria, Acidithiobacillus ferrooxidans and Ferrovum spp. The AMD generation continues for several centuries with dramatic consequences on the receiving environments. Therefore, the development of sustainable and cost effective treatment process is required. A development of the effective biological treatment process with an iron oxidation reactor operated at pH 3.5 is described in this report. Economic aspects are also discussed.
キーワード acid mine drainage bioremediation iron-oxidizing bacteria microbial community Acidithiobacillus ferrooxidans
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
発行日 2020-02-01
109巻
開始ページ 29
終了ページ 36
ISSN 2186-7755
言語 Japanese
論文のバージョン publisher