このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14898
Eprint ID
14898
フルテキストURL
タイトル(別表記)
A case of primary adenosquamous carcinoma of the liver with hepatocellular carcinoma
著者
高田 真吾 岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター 内科
芦田 耕三 岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター 内科
保崎 泰弘 岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター 内科
濱田 全紀 岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センターリハビリテーション科
岩垣 尚史 岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター 内科
菊池 宏 岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター内科
光延 文裕 岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター 内科
抄録
症例は74歳男性。慢性C型肝炎にて当院外来通院中であった。肝細胞癌を指摘され1998年7月腹部血管造影, 経皮エタノール注入療法施行した。以後当院外来加療中であったが, 腹部超音波上肝S5に低エコー域を認め, 1999年10月27日精査加療目的で入院となった。入院 後肝S6にも低エコー域を認めた。超音波ガイド下経皮的針生検施行し, S5では中から低分化の腺癌に加え, 部分的に扁平上皮癌が認められ, 腺扁平上皮癌と診断された。S6では中分化, 一部高分化の肝細胞癌を認めた。転移性肝癌の可能性を考え全身検査を行なったが,他臓器に原発病巣は発見されず, 肝細胞癌に肝原発扁平上皮癌を合併したと考えた。経皮的エタノール注入療法施行し12月28日退院となった。その後も外来にて加療されていたが, 2000年3月肝S4を中心に再発し, 9月9日死亡した。肝細胞癌に合併した肝原発腺扁平上皮癌は稀であり, 若干の文献的考察を加えて報告する。
抄録(別表記)
A rare case of primary adenosquamous carcinoma of the liver with hepatocellular carcinoma in a 74-year-old man is discussed. The patient had been treated for chronic hepatitis type C. He was diagnosed with hepatocellular carcinoma and abdominal angiography and percutaneous ethanol injection was performed in July 1998. After percutaneous ethanol injection , he consulted the doctor in our hospital regularly. Abdominal ultrasonography identified a hypoechoic mass in liver S5 and he was admitted to our hospital on October 27, 1999. After admission, on ultrasonography a hypoechoic mass was depicted in liver S6. A percutaneous liver biopsy was performed and the histopathological examination revealed adenosquamous carcinoma composed of moderately or poorly differenciated adenosquamous carcinoma and squamous cell carcinoma in S5 and moderately or well differenciated hepatocellular carcinoma in S6. He was diagnosed with primary adenosquamous carcinoma of the liver with hepatocellular carcinoma because further examinations showed no primary lesion in other organs. Percutaneous ethanol injection was performed and he was discharged on December 28. Ultrasonography revealed a hypoechoic nodule in S4 in March 2000 and he died on September 9, 2000.
キーワード
肝腺扁平上皮癌 (adenosquamous carcinoma of the liver)
肝細胞癌 (hepatocellular carcinoma)
経皮的エタノール注入療法 (percutaneous ethanol injection)
発行日
2008-03-01
出版物タイトル
岡大三朝医療センター研究報告
出版物タイトル(別表記)
Annual reports of Misasa Medical Center, Okayama University Medical School / Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
76巻
出版者
岡山大学医学部附属病院三朝医療センター
出版者(別表記)
Okayama University Medical School / Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
開始ページ
41
終了ページ
48
ISSN
1348-1258
NCID
AA11840279
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
mmc