このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14900
Eprint ID
14900
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Fluticasone 投与にもかかわらず症状が軽快ぜすn-3系不飽和脂肪酸強化食による食事療法及びモンテルカストが著効した気管支喘息の1例
著者
高田 真吾 岡山大学病院三朝医療センター内科
芦田 耕三 岡山大学病院三朝医療センター内科
保崎 泰弘 岡山大学病院三朝医療センター内科
濱田 全紀 岡山大学病院三朝医療センターリハビリテーション
岩垣 尚史 岡山大学病院三朝医療センター内科
菊池 宏 岡山大学病院三朝医療センター内科
光延 文裕 岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター 内科
抄録
A 25-year-old woman had the chief complaint of recurrent episodes of dyspnea and wheeze. Asthma had been diagnosed at infant years and sometimes experienced asthma attacks. She graduated senior high school and entered technical school in Tokyo. She received fluticasone (400μg daily) but exacerbation continued after she became an office clerk. She returned Kurashiki in October 2001 but had wheeze and asthma exacerbations. She was admitted to our hospital for evaluation and treatment of bronchial asthma on August 2, 2002. After admission, her symptoms subsided within some days. She was treated with montelukast and perilla seed oil-rich supplementation . The number of eosinophils decreased, decrease was observed in leukotriene (LT) B4 generation and in LTC4 generation, and pulmonary function improved following montelukast and perilla seed oil-rich supplementation for 4 weeks. The patient had no exacerbation under treatment and was discharged from the hospital on September 2, 2002. For some patients with persistent asthma, inhaled corticosteroids may fail to achieve adequate control possibly because corticosteroids do not completely inhibit the synthesis and release of cysteinyl leukotrienes (cysLTs) in the lung. Montelukast blocks the interaction of cysLTs with their receptor and resulting downstream events and perilla seed oil-rich diet suppresses LT generation. Combination therapy with montelukast and perilla seed oil-rich diet is more effective than montelukast or perilla seed oil-rich diet alone because of additive effects of montelukast with perilla seed oil-rich diet. We suggest that montelukast and perilla seed oil-rich supplementation are effective options when bronchial asthma patients receive inhaled corticosteroid but exacerbation continues.
抄録(別表記)
症例は25歳女性, 主訴は呼吸困難, 喘鳴。乳児期気管支喘息発症し, 以後も喘息発作を認めた。 高校卒業後上京し, 就職後fluticasone propionate400μg投与にもかかわらず, 喘息発作が続いていた。2001年10月倉敷に帰郷後も喘鳴, 発作を認め, 2002年8月2日精査加療目的で当院入院となっ た。入院後速やかに喘鳴は消退した。エゴマ油食,montelukast sodium投与開始し, 血中好酸球, 白血球leukotriene B4, leukotriene C4低下, 呼吸機能改善を認めた。その後喘息発作, 喘鳴などは再発せず, 9月2日退院となった。吸入ステロイド薬単独治療では症状を十分に管理できない患者が存在する。その原因としてステロイド薬はロイコトリエンの産生を完全に抑制できないことが挙げられる。ロイコトリエンによる気道炎症は,montelukastをはじめとするロイコトリエン受容体拮抗薬によって特異的に抑制され, エゴマ油食もロイコトリエン産生を抑制すると報告されている。本症例ではmontelukastおよびエゴマ油食の相加効果により, 各々の単独投与より良好な結果が得られた。従って吸入ステロイドで喘息コントロール不良な症例に対してmontelukastおよびエゴマ油食を併用することが望まれる。
キーワード
モンテルカスト (montelukast)
気管支喘息 (bronchial asthma)
ロイコトリエンC4 (leukotriene C4)
エゴマ油食 (perilla seed oil-rich supplementation)
フルチカゾン (fluticasone)
発行日
2008-03-01
出版物タイトル
岡大三朝医療センター研究報告
出版物タイトル(別表記)
Annual reports of Misasa Medical Center, Okayama University Medical School / Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
76巻
出版者
岡山大学医学部附属病院三朝医療センター
出版者(別表記)
Okayama University Medical School / Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
開始ページ
53
終了ページ
59
ISSN
1348-1258
NCID
AA11840279
資料タイプ
紀要論文
言語
English
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
mmc