このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 49000
フルテキストURL
Thumnail 124_243.pdf 4.92 MB
タイトル(別表記)
A case of intracystic carcinoma of the breast showing pathological complete response by neoadjuvant chemotherapy
著者
今田 孝子 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
松岡 順治 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
元木 崇之 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
岩本 高行 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
大森 昌子 岡山大学病院 病理診断科
伊波 茂道 岡山大福クリニック
本後 登志江 岡山大福クリニック
逸見 典子 岡山大福クリニック
真壁 幹夫 岡山中央病院
野上 浩實 野上病院
抄録
 A 31-year-old woman presented to our hospital because of a lump 5cm in diameter in her right breast. Ultrasonography revealed a multilocular cystic mass with partial thickening of the wall and the septum. Core needle biopsy (CNB) of the septum confirmed invasive ductal carcinoma. The patient was administered neoadjuvant chemotherapy consisting of 12 cycles of weekly paclitaxel followed by 4 cycles of FEC (5FU, Epilubicin and cyclophosphamide). While the thickness of the wall and septum became thinner, the tumor size did not change in diameter. She underwent right mastectomy and sentinel node biopsy. Post-surgical histopathological findings showed a pathological complete response (pCR).
 We report a rare case of invasive ductal carcinoma presenting a multilobular phenotype which showed pCR by neoadjuvant chemotherapy despite no size reduction of the tumor.
キーワード
嚢胞内乳癌(intracystic breast cancer)
術前化学療法(neoadjuvant chemotherapy)
組織学的完全奏功(pahthological CR)
備考
症例報告(Case Report)
発行日
2012-12-03
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
124巻
3号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
243
終了ページ
247
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
参考文献
1) Nakamura S, Kenjo H, Nishio T, Doi O, Suzuki K : Efficacy of 3D-MR Mammography for Breast Conserving Surgery After Neoadjvant Chemotherapy. Breast Cancer (2002) 9, 15-19.
2) Fisher B, Brown A, Mamounas E, Wieand S, Robidoux A, Margolese RG, Cruz AB Jr, Fisher ER, Wickerham DL, Wolmark N, DeCillis A, Hoehn JL, et al. : Effect of preoperative chemotherapy on local-regional disease in women with operable breast cancer. Findings from National Surgical Adjuvant Breast and Bowel Project B-18. J Clin Oncol (1997) 15, 2483-2493.
3) Bear HD, Anderson S, Brown A, Smith R, Mamounas EP, Fisher B, Margolese R, Theoret H, Soran A, Wickerham DL, Wolmark N : The effect on tumor response of adding sequential preoperative docetaxel to preoperative doxorubicin and cyclophosphamide : preliminary results from National Surgical Adjuvant Breast and Bowel Project B-27. J Clin Oncol (2003) 21, 4165-4174.
4) 多根井智紀, 増田慎三, 石飛真人, 徳田由紀子, 吉田 謙, 竹田雅司, 真能正幸, 辻仲利政 : 術前化学療法により壊死に伴う嚢胞様構造変化を認めた乳癌の1例. 乳癌の臨(2006)21, 564-569.
5) 中川智恵, 堀本義哉, 荒川 敦, 八尾隆史, 加藤千絵子, 白石昭彦, 斉藤光江, 霞富士雄 : 術前化学療法中に著明な内部壊死による腫瘍の増大をみとめた原発性乳癌の2例. 乳癌の臨(2009)24, 657-662.
6) 櫻井健一, 榎本克久, 松尾定憲, 天野定雄, 北島 晃, 根本則道 : 急速に増大した若年性嚢胞内乳癌の1例. 日外科系連会誌(2008)33, 118-121.
7) 兼松昌子, 國枝克行, 今井健晴, 櫻谷卓司, 田島ジェシー雄, 山田敦子, 佐々木義之, 松橋延壽, 田中千弘, 長尾育子, 西科琢雄, 長尾成敏, 他 : 男性嚢胞内乳癌の1例. 岐阜総合医療セ年報(2010)31, 33-36.
8) 中村泰也, 川口満宏, 渡辺英宣, 秦 彰良, 植木陽太郎, 藤島捷年, 織部孝史, 木場文男, 小県 昇, 辻 浩一 : 乳腺嚢胞症と嚢胞状を呈する乳癌, ことに嚢胞内乳癌の検討. 大分病医誌(1987)16, 27-34.
9) 山下晃徳, 吉本賢隆, 岩瀬拓士, 渡辺 進, 霞富士雄 : 嚢胞内乳癌の臨床病理像. 日臨外会誌(1994)55, 2726-2731.
10) Rosemond GP, Maier WP, Brobyn TJ : Needle aspiration of breast cysts. Surg Gynecol Obstet (1969) 128, 351-354.
11) 杉森志穂, 山田行重, 明石 諭, 竹内 拓, 小林豊樹, 吉川高志 : 嚢胞内乳癌の形態をとった乳腺髄様癌の1例. 日外科系学会誌(2009)34, 172-177.
言語
Japanese
OAI-PMH Set
岡山大学
著作権者
Copyright (c) 2012 岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI
Sort Key
9
Eprints Journal Name
joma