このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 49000
フルテキストURL
Thumnail 124_243.pdf 4.92 MB
タイトル(別表記)
A case of intracystic carcinoma of the breast showing pathological complete response by neoadjuvant chemotherapy
著者
今田 孝子 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
松岡 順治 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
元木 崇之 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
岩本 高行 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
大森 昌子 岡山大学病院 病理診断科
伊波 茂道 岡山大福クリニック
本後 登志江 岡山大福クリニック
逸見 典子 岡山大福クリニック
真壁 幹夫 岡山中央病院
野上 浩實 野上病院
抄録
 A 31-year-old woman presented to our hospital because of a lump 5cm in diameter in her right breast. Ultrasonography revealed a multilocular cystic mass with partial thickening of the wall and the septum. Core needle biopsy (CNB) of the septum confirmed invasive ductal carcinoma. The patient was administered neoadjuvant chemotherapy consisting of 12 cycles of weekly paclitaxel followed by 4 cycles of FEC (5FU, Epilubicin and cyclophosphamide). While the thickness of the wall and septum became thinner, the tumor size did not change in diameter. She underwent right mastectomy and sentinel node biopsy. Post-surgical histopathological findings showed a pathological complete response (pCR).
 We report a rare case of invasive ductal carcinoma presenting a multilobular phenotype which showed pCR by neoadjuvant chemotherapy despite no size reduction of the tumor.
キーワード
嚢胞内乳癌(intracystic breast cancer)
術前化学療法(neoadjuvant chemotherapy)
組織学的完全奏功(pahthological CR)
備考
症例報告(Case Report)
発行日
2012-12-03
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
124巻
3号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
243
終了ページ
247
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
Copyright (c) 2012 岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI
Eprints Journal Name
joma