このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11083
Eprint ID
11083
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Involvement of Respiration Rise at Growth Stage Ⅲ in Fruit Enlargement and Maturation of Persimmon Fruit
著者
中野 龍平 岡山大学
抄録
Fruit growth of persimmon follows a double sigmoidal curve.With the oneset of growth stage Ⅲ,fuit srart their final swell and enter the maturation phase.We investigated the seasonal changes in respiration rates of persimmon fruit in the field condition,and discovered that fuit respiration showed a rapid increase with the onset of growth stage Ⅲ.This result indicates a possibility that this respiration rise at growth stage Ⅲ may have a close relationship to final swell and maturation. Since many somata are distributed on the calyx lobes,but not on the fruit surface, the calyx lobes are generally agreedto to 'tbe gas exchanging site'of the fruit.Therefore, by removing the calyx lobes and sealing the scars with Vaseline,we are able to markedly inhibit the respiration rise at growth Ⅲ.As a result,final fruit swell and accumulation of 13C-photoassimilate were visibly reduced.The inhibition of fuit respiration seemed to reduce the sink strength of the fruit,which in turn suppressed fuit gowth.It was concluded that the high respiration during growth stage Ⅲin persimmon fruit is important for maintaining sink strength for the final swell of fruit.Gibberellic acid treatment at growth stage Ⅱor Ⅲ delayed fruit coloring and softenig.On the other hand,abscisic acid treatment at growth stage Ⅱ promoted fruit coloring.In connection with there effects,the respiration rise was retarded by gibberellic acid treatment and advanced abscisic acid treatment.These results suggest that the respiration rise at growth stage Ⅲ may have a close relationship to the maturation of persimmon fruit.During the period when the fruit respirant rise at growth stage Ⅲ was observed, ethylene production rates showed no changes.This suggests that ethylene has no relation to the respiration rise and that the respiration rise is different from that in climacteric fuit.
抄録(別表記)
カキ果実が成長第3期に入ると急速に肥大し、成熟を開始することはよく知られている。筆者らはカキ果実が第3期にはいると同時に果実呼吸が急激に上昇することを明らかにするとともに、この呼吸上昇の果実肥大や成熟への関与を調査し、以下のような知見を得た。1)カキ果実の樹上における呼吸速度を経時的に調査した結果、果実が第3期にはいると同時に果実の呼吸が急激に上昇することが明らかとなり、この呼吸上昇の果実肥大や成熟への関与に興味が持たれた。2)カキ果実の呼吸はその大部分がヘタを介して行われていることに注目し、ヘタ除去後その切り口をワセリンを塗布することにより(ワセリン処理)第3期の呼吸上昇を抑制したところ、果実肥大も著しく抑制され、呼吸上昇が果実肥大に密接に関与していることが明らかとなった。3)ワセリン処理により13C atom% excess, 13C蓄積量ともに著しく抑制されており、ワセリン処理による呼吸抑制がかじつのシンク力を低下させることが明らかとなった。つまり、第3期の高い呼吸活性は果実のシンク力形成において重要な役割を果たしていることが明確に示された。4)ジベレリン処理およびアブシジン酸処理によりカキ果実の成熟をそれぞれ抑制および促進すると、呼吸上昇もそれぞれ抑制および促進されており、第3期の呼吸上昇がカキ果実の成熟に関与している可能性が示唆された。5)第3期の呼吸上昇時にエチレン生成量には変化がなく、第3期の呼吸上昇にはエチレンが関与していないと思われた。つまり、第3期の呼吸上昇はクライマクテリックライズとは性質のことなるものであると判断された。
キーワード
persimmon
Doispyros kaki
respiration
fruit growth
ripening
発行日
1999-02
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific reports of the Faculty of Agriculture, Okayama University
88巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture,Okayama University
開始ページ
131
終了ページ
139
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa