このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15263
Eprint ID
15263
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Pre-operative anxiety and nursing care - Through two students'case studies on surgical patients -
著者
林 優子 岡山大学医療技術短期大学部看護学科
岡崎 恵 岡山大学医学部附属病院
角 公美子 島根県立総合看護学院
佐藤 美恵 岡山大学医療技術短期大学部看護学科
抄録
手術前の看護は,患者が安全・安楽に手術を受けることができ,術後の回復過程がスムーズにいくように援助することである.その看護の一つとして術前不安の緩和に向けての援助がある。その人の不安レベルに応じた適切な看護援助を行うためには,患者の不安を正しくアセスメントすることが重要になる。看護学生にとって,患者の不安への理解は,臨床実習の場で,患者を観察したり,患者と向き合って話を交わしたり,ケアを行ったりする体験を通して培われていくものであると思われる。本論文では,2名の学生が行った術前不安に関する事例研究から,客観的に分析する方法を用いて患者を観察したり, 患者の話を聞いたり,看護行為を行うことによって,術前不安と看護援助の理解が深められることを論述した。
抄録(別表記)
Pre-operative nursing is to care and educate a patient so that he/she can undergo an operation at ease and in safety and recover quickly after surgery. One of the pre-operative nursing is to relieve anxiety. It's very important for pre-operative nursing to assess pre-operative anxiety and do the nursing action according to patient's anxiety level. Nursing student seems to have much understanding of pre-operative anxiety through observing a patient's behavior, talking with a patient, and caring a patient in clinical practice. Two students'case studies on surgical patients are presented in this paper. This paper shows how they promote deeper understanding of pre-operative anxiety and the nursing care is promoted by observing the patient and listening objectively to what the patient says and giving appropriate feedback.
キーワード
CABGを受ける患者 (Coronary artery bypass grafting patient)
右肺下葉切除術を受ける患者 (Robectomy patient)
術前不安 (Pre-operative anxiety)
術前不安への看護援助 (Nursing care)
発行日
1998-01-31
出版物タイトル
岡山大学医療技術短期大学部紀要
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of School of Health Sciences Okayama University
8巻
2号
出版者
岡山大学医療技術短期大学部
出版者(別表記)
School of Health Sciences Okayama University
開始ページ
137
終了ページ
146
ISSN
0917-4494
NCID
AN10355371
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
fhs