このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 55178
タイトル(別表記)
An Efficient Algorithm to Determine Equivalence of Pipelined Dependency Graphs for Their Simplification
フルテキストURL
著者
籠谷 裕人 岡山大学大学院自然科学研究科 ORCID Kaken ID publons researchmap
杉山 裕二 岡山大学大学院自然科学研究科 Kaken ID publons researchmap
岡本 卓爾
抄録
 依存性グラフに基づいた非同期式パイプライン制御回路の設計方法が提案されている.この設計法の最終段階においては,依存性グラフと縮小した依存性グラフの等価性を何度も繰返し判定することにより,簡単化した依存性グラフが得られる.しかし,この判定には多数の状態をもつオートマトンを扱うため,その計算量は極めて大きい.本論文では,この等価性判定のための新たな効率的なアルゴリズムを提案する.まず,基本操作の実行順序の半順序をコンパクトに表現するために,基本操作直結因果関係グラフ O˙ を定義する.次に,分 岐系列ごとに O˙ の高々二つの部分グラフが一致するとき,かつそのときに限り,二つの依存性グラフが等価であることを証明する.更に,等価性の判定に必要な分岐系列のサイズと数が有限であることを証明する.最後に,上述の原理を用いたアルゴリズムの計算量が従来法に比べて大幅に小さいことを示す.
キーワード
非同期式制御回路
パイプライン
簡単化
因果関係
備考
本研究は,JSPS 科研費 JP24500065,JP16H01723 の助成を受けたものである.
発行日
2017-06-01
出版物タイトル
電子情報通信学会論文誌 D
J100-D巻
6号
出版者
電子情報通信学会
開始ページ
616
終了ページ
626
ISSN
18810225
NCID
AA12712944
資料タイプ
学術雑誌論文
言語
Japanese
OAI-PMH Set
岡山大学
著作権者
Copyright (c) by IEICE
論文のバージョン
publisher
DOI
オフィシャル URL
https://search.ieice.org/