フルテキストURL fulltext.pdf
著者 Yoshida, Yuichi| Nishimoto, Toshi|
発行日 2020
出版物タイトル The Horticulture Journal
89巻
2号
出版者 The Japanese Society for Horticultural Science
開始ページ 87
終了ページ 95
ISSN 21890102
NCID AA12708073
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 English
OAI-PMH Set 岡山大学
論文のバージョン publisher
NAID 130007829010
DOI 10.2503/hortj.UTD-R010
Web of Science KeyUT 000526056300002
関連URL isVersionOf https://doi.org/10.2503/hortj.UTD-R010
フルテキストURL fulltext.pdf
著者 Indeche, Annah Khatenje| Yoshida, Yuichi| Goto, Tanjuro| Yasuba, Ken-ichiro| Tanaka, Yoshiyuki|
発行日 2020
出版物タイトル The Horticulture Journal
89巻
1号
出版者 The Japanese Society for Horticultural Science
開始ページ 22
終了ページ 29
ISSN 21890102
NCID AA12708073
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 English
OAI-PMH Set 岡山大学
論文のバージョン publisher
NAID 130007788542
DOI 10.2503/hortj.UTD-079
Web of Science KeyUT 000509223100003
関連URL isVersionOf ttps://doi.org/10.2503/hortj.UTD-079
フルテキストURL bfsc_040_pre.pdf
著者 吉田 裕一|
出版物タイトル 岡山大学農学部センター報告
発行日 2018-04-01
40巻
ISSN 0910-8742
言語 Japanese
著作権者 岡山大学農学部
論文のバージョン publisher
フルテキストURL HJ88_1_1.pdf
著者 Yoshida, Yuichi|
発行日 2019-01-31
出版物タイトル The Horticulture Journal
88巻
1号
出版者 Japanese Society for Horticultural Science
開始ページ 1
ISSN 21890102
NCID AA12708073
資料タイプ その他
言語 English
OAI-PMH Set 岡山大学
論文のバージョン publisher
DOI 10.2503/hortj.88.1
Web of Science KeyUT 000457292200001
関連URL isVersionOf https://doi.org/10.2503/hortj.88.1
フルテキストURL srfa_109_021_027.pdf
著者 Annah Khatenje Indeche| Yoshida, Yuichi| Miyaji, Daisuke| Goto, Tanjuro| Yasuba, Ken-ichiro| Tanaka, Yoshiyuki|
抄録 The objectives of this study were to (i) determine the optimum number of whole leaves to retain on a tomato plant for effective blossom-end rot (BER) management and (ii) explore the relationship between shoot calcium (Ca) and fruit Ca in non-defoliated plants in two different sized fruit cultivars, a large-fruited cultivar ‘Momotaro fight’ and a medium-fruited cultivar ‘Cindy sweet’. Treatments involved maintaining 18, 15 and 12 leaves on a plant. All lateral shoots were removed regularly throughout the growing period except the shoot closest to the flowering truss in the 18-leaf treatment. At the length of 10cm, these shoots were sampled for real time Ca determination using a hand held Ca2+ meter. In the plants defoliated to 18 leaves, BER was higher in ‘Momotaro fight’ at 10% compared to 2% in ‘Cindy sweet’. Fruit growth rate was significantly increased by defoliation in ‘Momotaro fight’, however no significant difference was observed among treatments in ‘Cindy sweet’. Defoliating to 12 leaves increased daily Ca transport rate by 59% and 37% in ‘Momotaro fight’ and ‘Cindy sweet’, respectively. Defoliating to 12 leaves increased the water-soluble Ca concentration in the distal part of fruit by 34% and 14% in ‘Momotaro fight’ and ‘Cindy sweet’, respectively. In the plants defoliated to 18 leaves where only old yellowish leaves were removed, a significant steady decrease was observed in the concentration of water soluble Ca in the distal part of fruit with increase in truss order. There was a significant linear relationship between water-soluble Ca concentration in the distal part of the fruit and Ca concentration in the lateral shoot of plants defoliated to 18 leaves. We conclude that under moderate water stress by root zone restriction and also certain other BER inductive conditions, defoliation to 12–15 leaves on a tomato plant should be a promising approach for decreasing BER incidence in susceptible large fruit cultivars.
キーワード BER management defoliation water-soluble Ca lateral shoot Ca root zone restriction
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
発行日 2020-02-01
109巻
開始ページ 21
終了ページ 27
ISSN 2186-7755
言語 English
論文のバージョン publisher
タイトル(別表記) Effect of boron deficiency on tip burn and malformed fruit incidence in strawberries
フルテキストURL srfa_108_005_013.pdf
著者 瀬角 美穂| 吉田 裕一| 金城 朱理| 日高 啓| 後藤 丹十郎| 安場 健一郎| 田中 義行|
抄録 Boron (B) is an essential micro element for plants and plays important roles in the synthesis and functions of cell wall. B deficiency has been reported as one of the causes of fruit malformation in strawberries. We investigated the effect of B deficiency on flower and fruit development of forced strawberries for two cropping seasons (2015-2017). In the second season, B was resupplied for B-deficient plants and we investigated changes in fruit development. When B-free nutrient solutions were supplied, tip burn began to occur in newly emerging leaves and calyx 2 to 3 months later, and fruit malformation including seedy or only partly developed fruits with undeveloped achenes occurred frequently. However, these deficient symptoms were quickly disappeared by supplying B containing nutrient solutions. In conclusion, B nutrition is closely related to the occurrence of fruit malformation through fertility of pollen and pistils, and also development of receptacle tissue in strawberries. It should be possible to reduce fruit malformation in strawberries by proper control of B nutrition.
抄録(別表記)  B(ホウ素)は植物にとって必須な微量要素であり,イチゴの受精不良果発生要因の1 つである.そこで2015年度と2016年度の2 回にわたりB 欠乏がイチゴの受精不良果発生に及ぼす影響について調査した.また,2016年度はB 欠乏処理後にB 回復処理を行い,その後のイチゴの果実形態の変化についても調査した.その結果,B欠乏処理を行うと蒸散機能の低い新葉や花芽においてチップバーンが発生し,種浮き果や部分不受精を主とした受精不良果が多発した.しかし,B 回復処理を行うことでこれらの症状が改善することが明らかになった.B は受精不良果発生に関係しており,欠乏条件下で根から吸収させると急速に若い成長中の組織に転流することが示されたことから,B 栄養をコントロールすることでB 不足によるイチゴの受精不良果発生を軽減できる可能性があると考えられる.
キーワード floral organs Fragaria × ananassa Duch. pistil fertility receptacle growth seedy fruit
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
発行日 2019-02-01
108巻
開始ページ 5
終了ページ 13
ISSN 2186-7755
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
フルテキストURL bfsc_039_pre.pdf
著者 吉田 裕一|
出版物タイトル 岡山大学農学部センター報告
発行日 2017-04-01
39巻
ISSN 0910-8742
言語 Japanese
著作権者 岡山大学農学部
論文のバージョン publisher
著者 田中 義行| 原 一仁| 後藤 丹十郎| 吉田 裕一| 安場 健一郎|
発行日 2017-02-01
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
106巻
資料タイプ 紀要論文
著者 金城 朱理| 花田 惇史| 吉田 裕一| 後藤 丹十郎| 安場 健一郎| 田中 義行| 吉田 敦子|
発行日 2017-02-01
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
106巻
資料タイプ 紀要論文
著者 吉田 裕一|
発行日 2016-04-01
出版物タイトル 岡山大学農学部センター報告
38巻
資料タイプ その他
著者 吉田 裕一| 後藤 丹十郎| 安場 健一郎| 田中 義行|
発行日 2015-04-01
出版物タイトル 岡山大学農学部センター報告
37巻
資料タイプ 紀要論文
著者 吉田 裕一| 宮地 大介| 後藤 丹十郎| 田中 義行| 安場 健一郎| 本村 翔|
発行日 2015-04-01
出版物タイトル 岡山大学農学部センター報告
37巻
資料タイプ 紀要論文
著者 吉田 裕一| 大森 敏正| 後藤 丹十郎| 田中 義行| 村上 賢治|
発行日 2014-02-01
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
103巻
資料タイプ 紀要論文
著者 山口 訓史| 後藤 丹十郎| 小日置 佳世子| 大谷 翔子| 吉田 裕一|
発行日 2013-02-01
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
102巻
資料タイプ 紀要論文
著者 吉田 裕一| 新開 礼| 大山 光男| 村上 賢治| 後藤 丹十郎|
発行日 2013-02-01
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
102巻
資料タイプ 紀要論文
著者 稲角 大地| 吉田 裕一| 後藤 丹十郎| 村上 賢治|
発行日 2013-02-01
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
102巻
資料タイプ 紀要論文
著者 吉田 裕一|
発行日 2011-04-01
出版物タイトル 岡山大学農学部センター報告
33巻
資料タイプ その他
著者 吉田 裕一| 廣瀬 泰久| 森本 由香里| 後藤 丹十郎|
発行日 2011-02-01
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
100巻
資料タイプ 紀要論文
著者 吉田 裕一| 松野 大樹| 後藤 丹十郎| 高田 圭太|
発行日 2010-04-01
出版物タイトル 岡山大学農学部センター報告
32巻
資料タイプ 紀要論文