このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 1623
Eprint ID
1623
フルテキストURL
著者
山口 信夫 岡山大学
抄録
近年、「共生」ということばが非常に多用されている。紀伊国屋のネット検索で661点、国立国会図書館では880点、岡山大学図書館でも169点の図書がこのことばに関わっている。一方、フランス国立図書館では、convivialiteに関するものは、10点(ドイツ語、イタリア語をふくめて)にすぎない。一方、symbioseに関しては、27点存在するが、その多くは生態学、衛生学に関わるものである。なぜ、日本で「共生」ということばが多く使われるのだろうか。
キーワード
共生学
思想史
発行日
2003
出版物タイトル
文化共生学研究
出版物タイトル(別表記)
Studies in cultural symbiotics
1巻
1号
出版者
岡山大学大学院文化科学研究科
出版者(別表記)
Graduate School of Humanities and Social Sciences, Okayama University
開始ページ
17
終了ページ
28
ISSN
1880-9162
NCID
AA11823043
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
NAID
Eprints Journal Name
scs
JaLCDOI