このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 56554
JaLCDOI
Sort Key
19
タイトル(別表記)
Effect of peer support training for elementary school 3rd graders : Foundation for cooperative learning
フルテキストURL
著者
三宅 幹子 岡山大学大学院教育学研究科
岡崎 善弘 岡山大学大学院教育学研究科
抄録
本研究では,学校ぐるみで協同学習の取り組みを進めている小学校の3年生児童を対象として,協同学習の下地づくりを行うことをめざしたピア・サポートトレーニングを実施し,聞き方スキル,援助要請行動,サポート入手可能性,サポート提供可能性,攻撃性の観点からその効果を検討することを目的としていた。トレーニングの前後とフォローアップの3時点での効果測定について分析を行った結果,サポート入手可能性においてはトレーニングの効果を示唆する変化がみられた。一方,攻撃性においては,トレーニングによって攻撃性が上昇していることが示され,トレーニングに参加した児童について,イライラ感情や攻撃性への気づきを高めることはできたものの,対処方法の習得,活用,定着までには至らなかったと解釈された。トレーニングの回数,実施期間,およびトレーニング内容の般化に関して改善することで,より明確な効果が得られると考えられる。
キーワード
ピア・サポート
サポート入手可能性
サポート提供可能性
援助要請行動
備考
研究論文
出版物タイトル
岡山大学教師教育開発センター紀要
発行日
2019-03-20
9巻
出版者
岡山大学教師教育開発センター
出版者(別表記)
Center for Teacher Education and Development, Okayama University
開始ページ
229
終了ページ
242
ISSN
2186-1323
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
著作権者
Copyright © 2019 岡山大学教師教育開発センター
論文のバージョン
publisher
Eprints Journal Name
cted