このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 58126
JaLCDOI
Sort Key
13
タイトル(別表記)
The potential of“ singing activities” in child-rearing facilitated by caregivers: A focus on three mothers
フルテキストURL
著者
早川 倫子 岡山大学大学院教育学研究科発達支援学系 Kaken ID researchmap
片山 美香 岡山大学大学院教育学研究科発達支援学系 Kaken ID publons researchmap
抄録
本研究は,養育者の子育てにおける「歌う行為」に着目し,養育者の立場からその可能性について検討することを目的とした。パイロットスタディとして実施した3名の子育て中の母親への質問紙調査およびグループインタビュー調査を通して,母親の「歌う行為」の様相を探り,子育てにおける有用性について検討した。
その結果,「歌う行為」には,子どもがある行動をとることへの意欲を高めたり,否定的な気持ちを好転させたりする感情の切り替え手段としての有用性のあることが示唆された。言葉だけで伝えるよりも,子どもが好きな歌や多様な音声表現を用いた方が,子どもに受け入れられやすいこと,音楽的な特性自体が子どもの感情に響きやすいことも示された。また,「歌う行為」には,了解可能なメッセージを共有し,親子が楽しく養育行動を進める触媒と成り得る可能性が見出された。
抄録(別表記)
The purpose of the present study was to examine the potential of “singing activities” in child-rearing, facilitated by care-givers, from the perspective of the care-givers. A pilot study constituted a survey and group interviews of three mothers currently involved in child-rearing. The effect of mothers’singing activities on child-rearing was considered in various contexts. The results suggested that singing activities have the potential to increase motivation of children to take the initiative in certain behaviors or in altering children’s negative mood to a positive focus. Rather than solely relying on words to influence children, they are more likely to respond, accept, and eventually embrace a message conveyed through their favorite songs or diverse vocal expressions. In short, messages conveyed through singing activities are more likely to resonate with children’ s emotions. Furthermore, singing activities could work as a catalyst for fun-filled and enjoyable growth for both care-givers and children in the process of child-rearing and development by allowing them to share intelligible messages with each other.
キーワード
歌う行為 (singing activities)
養育者 (care-givers)
子育て (child-rearing)
質問紙調査 (survey)
グループインタビュー調査 (group interview survey)
出版物タイトル
岡山大学教師教育開発センター紀要
発行日
2020-03-20
10巻
出版者
岡山大学教師教育開発センター
出版者(別表記)
Center for Teacher Education and Development, Okayama University
開始ページ
139
終了ページ
151
ISSN
2186-1323
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
著作権者
Copyright © 2020 岡山大学教師教育開発センター
論文のバージョン
publisher
Eprints Journal Name
cted