このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 55817
JaLCDOI
Sort Key
17
タイトル(別表記)
慢性疾患患児に対する復学支援の研究動向
フルテキストURL
著者
村上 理絵 岡山大学大学院教育学研究科
大守 伊織 岡山大学大学院教育学研究科 科研費研究者番号
抄録
The principle aim of the present study was to elucidate research trends and issues related to school re-entry. We reviewed past studies concerning school re-entry support for children with chronic illness. A total of 36 papers were analyzed for the keywords of "school re-entry," "support," "pediatric cancer," and "chronic illness." The results revealed that the concerns regarding the children and school re-entry support roles of legal guardians, healthcare providers, teachers, etc., and specific examples of collaboration with other occupations. "Guaranty a right to learn " and "relationship maintenance" were noted as issues, and ensuring a system that can establish certain learning opportunities even if the enrollment status of the child changes, continued maintenance of relationships of the patient before the onset of disease, and support to maintain the relationship of healthcare providers and teachers who are involved after onset of the disease are necessary even after school re-entry.
抄録(別表記)
本研究では、慢性疾患患児の復学支援に関する研究を概観し、研究の動向と課題を明らかにした。「復学」「支援」「小児がん」「慢性疾患」をキーワードとする36文献を分析した。その結果、保護者、医療関係者、教師など、患児に関わる人たちの思いや復学支援における役割、他職種連携、連携の具体例、高校生や思春期における復学支援の現状と課題などについて研究されていた。課題としては、「学習保障」および「関係維持」を挙げることができ、患児の学籍が変更になっても一定の教育機会を設けることのできるシステムの確保と、患児が発病前からつながっている人間関係を維持し、発病後に関わることになった医療関係者や教師と復学後もつながり続けられるような支援が必要と考えられた。
キーワード
school re-entry (復学)
support (支援)
chronic illness (慢性疾患)
備考
資料
出版物タイトル
岡山大学教師教育開発センター紀要
発行日
2018-03-20
8巻
出版者
岡山大学教師教育開発センター
出版者(別表記)
Center for Teacher Education and Development, Okayama University
開始ページ
181
終了ページ
191
ISSN
2186-1323
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
English
著作権者
Copyright © 2018 岡山大学教師教育開発センター
論文のバージョン
publisher
Eprints Journal Name
cted