このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 55807
JaLCDOI
Sort Key
7
タイトル(別表記)
About Scandals of School Teachers and Countermeasures : How Should a Workshop in Workplace Be Held?
フルテキストURL
著者
塚本 千秋 岡山大学大学院教育学研究科
抄録
学校教職員の不祥事が社会的に問題になっている。各地の教育委員会は,専門家を招いて講演会を開催し,定期的な校内研修を促すなど防止策を実施しているが,教育委員会の関係課や管理職からは「なかなか『わがこと』として捉えてもらえない」という嘆きが聞かれる。本稿では,不祥事防止研修に身が入らないのはなぜか,どうすれば「不祥事をわがこととしてとらえ,そこでの学びを教育実践に還元できるか」について論じた。
抄録(別表記)
The scandals of school teachers and staff are becoming a social issue, such as obscene acts on schoolchild students and the loss of USB memory with personal information. Educational committees in various places hold lecture meetings inviting experts and are implementing preventive measures such as urging regular stuff training. However, the officials of the related department of the Board of Education and the management staffs of the school are lamenting that "they are not quite recognized as about myself ". I discussed in this paper "Why is not the motivation for scandal-prevention training motivated", "How can we recognize scandals as our problem and return it to our daily educational practices"
キーワード
不祥事対策 (Deplorable Accidents)
校内研修
他人事 (Other people's affairs)
低い受講動機 (Low Attendance Motivation)
研修の多様性 (Diversity of Training)
備考
研究論文
出版物タイトル
岡山大学教師教育開発センター紀要
発行日
2018-03-20
8巻
出版者
岡山大学教師教育開発センター
出版者(別表記)
Center for Teacher Education and Development, Okayama University
開始ページ
59
終了ページ
67
ISSN
2186-1323
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
著作権者
Copyright © 2018 岡山大学教師教育開発センター
論文のバージョン
publisher
Eprints Journal Name
cted