このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 10288
Eprint ID
10288
フルテキストURL
タイトル(別表記)
An Annotation of "Kounkiko" (Part Four)
著者
稲田 利徳 岡山大学
抄録
伊勢神宮の参詣を終えた作者耕雲が、帰路において見聞した、斎宮の辻の荒廃ぶりと絵馬掛けの民俗行事、海辺での海人達の辛苦の生活、鈴鹿山を越えた所にある三つ子塚、それに「夜這ひの松」の由来などに対して、自己の思念を重ねて綴った紀行文を、神道・儒教・仏教などの視点を導入しながら、〔語釈〕〔通釈〕〔考〕に区分して総合的に注釈を加えた。
キーワード
斎宮
海人
伊勢
発行日
1998
出版物タイトル
岡山大学教育学部研究集録
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of Faculty of Education, Okayama University
108巻
1号
出版者
岡山大学教育学部
出版者(別表記)
Faculty of Education, Okayama University
開始ページ
1
終了ページ
8
ISSN
0471-4008
NCID
AN00032875
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
bgeou