フルテキストURL fest_024_colophon.pdf
著者 岡山大学環境理工学部|
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2019-03
24巻
1号
ISSN 13419099
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
フルテキストURL fest_024_055_056.pdf
著者 岡山大学環境理工学部|
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2019-03
24巻
1号
開始ページ 55
終了ページ 56
ISSN 13419099
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
フルテキストURL fest_024_053_054.pdf
著者 岡山大学環境理工学部|
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2019-03
24巻
1号
開始ページ 53
終了ページ 54
ISSN 13419099
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
フルテキストURL fest_024_039_052.pdf
著者 岡山大学環境理工学部|
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2019-03
24巻
1号
開始ページ 39
終了ページ 52
ISSN 13419099
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
フルテキストURL fest_024_021_037.pdf
著者 岡山大学環境理工学部|
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2019-03
24巻
1号
開始ページ 21
終了ページ 37
ISSN 13419099
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
フルテキストURL fest_024_009_020.pdf
著者 岡山大学環境理工学部|
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2019-03
24巻
1号
開始ページ 9
終了ページ 20
ISSN 13419099
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
フルテキストURL fest_024_001_008.pdf
著者 岡山大学環境理工学部|
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2019-03
24巻
1号
開始ページ 1
終了ページ 8
ISSN 13419099
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
フルテキストURL fest_024_contents.pdf
著者 岡山大学環境理工学部|
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2019-03
24巻
1号
ISSN 13419099
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
フルテキストURL fest_024_cover.pdf
著者 岡山大学環境理工学部|
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2019-03
24巻
1号
ISSN 13419099
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
フルテキストURL fest_023_colophon.pdf
著者 岡山大学環境理工学部|
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2018-03
23巻
1号
ISSN 2187-6940
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
フルテキストURL fest_023_135_136.pdf
著者 岡山大学環境理工学部|
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2018-03
23巻
1号
開始ページ 135
終了ページ 136
ISSN 2187-6940
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
フルテキストURL fest_023_133_133.pdf
著者 岡山大学環境理工学部|
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2018-03
23巻
1号
開始ページ 133
終了ページ 133
ISSN 2187-6940
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
フルテキストURL fest_023_117_131.pdf
著者 岡山大学環境理工学部|
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2018-03
23巻
1号
開始ページ 117
終了ページ 131
ISSN 2187-6940
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
フルテキストURL fest_023_103_115.pdf
著者 岡山大学環境理工学部|
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2018-03
23巻
1号
開始ページ 103
終了ページ 115
ISSN 2187-6940
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
フルテキストURL fest_023_089_102.pdf
著者 岡山大学環境理工学部|
抄録 あれば
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2018-03
23巻
1号
開始ページ 89
終了ページ 102
ISSN 2187-6940
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
フルテキストURL fest_023_081_087.pdf
著者 岡山大学環境理工学部|
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2018-03
23巻
1号
開始ページ 81
終了ページ 87
ISSN 2187-6940
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/fest/55732
フルテキストURL fest_023_049_079.pdf
著者 Fumikazu, Ichiminami| Meltem Okur Dinçsoy| Enver Erdin Dinçsoy|
抄録 There are many limitations and difficulties in terms of expanding agricultural lands. Also, some other factors affect the agricultural lands that result in decreases such as climate change, erosion and misuse of the lands. It is clear that these developments in agricultural land use threaten the future of human welfare, social conditions, economic growth and food supply. In this study, we examined the land use and its significance that represent past agriculture and regional characteristics in the Chugoku region including Okayama prefecture and the Seto Inland Sea. Specifically, among the products called as industrial crops, such as cotton, pyrethrum, rush, tobacco, rapeseed, mulberry and tea, were adopted as the indicators. Currently, these landscapes can hardly be seen, only leaves of tobacco and tea can still be seen in mountainous areas. Even in agricultural land usewhich has almost disappeared now, it may have indirect influence as in the case of reclaimed land and rush products. Therefore, we reaffirmed in this study the reasons for their existence and their significance.
キーワード industrial crop cultivated area rural geography agriculture Okayama prefecture
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2018-03
23巻
1号
開始ページ 49
終了ページ 79
ISSN 13419099
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120006414150
JaLCDOI 10.18926/fest/55731
フルテキストURL fest_023_023_048.pdf
著者 Enver Erdin Dinçsoy| Fumikazu, Ichiminami| Meltem Okur Dinçsoy|
抄録 The contribution of cereals to economies is undoubtedly very important and has many dimensions in terms of use of cultivated areas, agricultural production, nutrition, domestic and foreign trade and national income. In this study, we examined the characteristics of agricultural production in Okayama prefecture from the viewpoint of grain, beans and potatoes excluding rice, wheat and barley in the long term. These are undoubtedly supposed to have a certain role in complementing the function as the staple food of rice and wheat, etc.Also, according to our literature investigations, researchers have not focused on this context for Okayama Prefecture by not spending enough attention in the past. Therefore, we focus on these subjects in this paper by examining a historical significance. It is observed that some planting area and yield of crops have drastically reduced in Okayama prefecture.
キーワード cultivated area cereals buckwheat beans potatoes Okayama prefecture
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2018-03
23巻
1号
開始ページ 23
終了ページ 48
ISSN 13419099
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120006414149
JaLCDOI 10.18926/fest/55730
フルテキストURL fest_023_001_021.pdf
著者 Meltem Okur Dinçsoy| Enver Erdinç Dinçsoy| Fumikazu, Ichiminami|
抄録 The current ratio of dependence on food in Japan has remarkably grown and the significance of food self-sufficiency by concurrent agriculture may decline, while importantly conserving the natural environment, appropriate management of farmland. Okayama prefecture has an agricultural trend over more than 100 years of rice, barley and wheat cropping area with the rise and fall of its agricultural land use from the prior to the Industrial Revolution in Japan. Although rice reduction policy in Japan is scheduled to end in 2017, Japan is strongly subject to rice compared to other grains. In order to understand the role and scope of the agricultural sector in Okayama pref., it is necessary to review the changes in the related agricultural products for the long term. In Okayama pref., the cultivation and processing of some industrial crops including sericulture sector were thriving in the past, but, commercial agriculture was not well developed and the meaning of the production of cereals was greater than current production. Considering the part of agricultural characteristics by examining the cultivation of crops over the long term, planting area survey by variety confirmed that the greatest feature of rice cultivation in Okayama pref. is the diversity of varieties. In addition to various rice varieties, agriculture in Okayama pref. has a high sustainability, resistance and flexibility against changes on climate, policies and land use.
キーワード cultivated area rice wheat barley Okayama prefecture
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2018-03
23巻
1号
開始ページ 1
終了ページ 21
ISSN 13419099
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120006414148
フルテキストURL fest_023_contents.pdf
著者 岡山大学環境理工学部|
出版物タイトル 岡山大学環境理工学部研究報告
発行日 2018-03
23巻
1号
ISSN 2187-6940
言語 Japanese
論文のバージョン publisher