このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 54729
フルテキストURL
著者
小林 秀訓 豊中市立大池小学校
抄録
 学習指導要領解説には,図形領域のねらいとして「図形についての感覚を豊かにする」とある。そのためには,図形に対して,多様な見方ができることが大切であると考えた。例えば,その多様な見方とは,ひし形を見て, 1本の対角線で分解して,二等辺三角形2つ分と見たり,2本の対角線で分解して,直角三角形4つ分と見たりできるものである。本実践の中でも,かたちづくりの操作の中で,小さい三角形2つで大きな三角形,四角形ができると経験をすることができる。そのような経験を積んだ上に「辺の本数」「頂点の数」「角」「辺や角の相互関係」 などの図形の学習を行うことで,図形に対して,根拠をもって図形を分別し,整理できるカにつながり,図形についての感覚を豊かにすることになると考える。そのために,本実践のかたちづくりにおいて重要なことについて,図形を構成したり分解したりする活動と考えた。
キーワード
図形についての感覚を豊かにする
動的な観察
備考
実践研究論文
発行日
2016-10-22
出版物タイトル
岡山大学算数・数学教育学会誌 : パピルス
23巻
出版者
岡山大学算数・数学教育学会
開始ページ
16
終了ページ
22
ISSN
1341-3155
NCID
AN10517360
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
papyrus