フルテキストURL srfa_108_cover_eng.pdf
著者 岡山大学農学部|
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
発行日 2019-02-01
108巻
出版者 岡山大学農学部
出版者(別表記) The Faculty of Agriculture, Okayama University
ISSN 2186-7755
資料タイプ その他
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 8
Eprints Journal Name srfa
フルテキストURL srfa_108_colophon.pdf
著者 岡山大学農学部|
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
発行日 2019-02-01
108巻
出版者 岡山大学農学部
出版者(別表記) The Faculty of Agriculture, Okayama University
ISSN 2186-7755
資料タイプ その他
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 7
Eprints Journal Name srfa
タイトル(別表記) The List of Published by Members of the Faculty From January to December 2018
フルテキストURL srfa_108_019_032.pdf
著者 岡山大学農学部|
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
発行日 2019-02-01
108巻
出版者 岡山大学農学部
出版者(別表記) The Faculty of Agriculture, Okayama University
開始ページ 19
終了ページ 32
ISSN 2186-7755
資料タイプ その他
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 6
Eprints Journal Name srfa
タイトル(別表記) Structural Features of Pollen Allergens N-Glycans and Synthesis of Glycopolymer carrying Multivalent N-glycans
フルテキストURL srfa_108_015_018.pdf
著者 前田 恵|
備考 研究紹介 (Research Report)
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
発行日 2019-02-01
108巻
出版者 岡山大学農学部
出版者(別表記) The Faculty of Agriculture, Okayama University
開始ページ 15
終了ページ 18
ISSN 2186-7755
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 5
Eprints Journal Name srfa
タイトル(別表記) Effect of boron deficiency on tip burn and malformed fruit incidence in strawberries
フルテキストURL srfa_108_005_013.pdf
著者 瀬角 美穂| 吉田 裕一| 金城 朱理| 日高 啓| 後藤 丹十郎| 安場 健一郎| 田中 義行|
抄録 Boron (B) is an essential micro element for plants and plays important roles in the synthesis and functions of cell wall. B deficiency has been reported as one of the causes of fruit malformation in strawberries. We investigated the effect of B deficiency on flower and fruit development of forced strawberries for two cropping seasons (2015-2017). In the second season, B was resupplied for B-deficient plants and we investigated changes in fruit development. When B-free nutrient solutions were supplied, tip burn began to occur in newly emerging leaves and calyx 2 to 3 months later, and fruit malformation including seedy or only partly developed fruits with undeveloped achenes occurred frequently. However, these deficient symptoms were quickly disappeared by supplying B containing nutrient solutions. In conclusion, B nutrition is closely related to the occurrence of fruit malformation through fertility of pollen and pistils, and also development of receptacle tissue in strawberries. It should be possible to reduce fruit malformation in strawberries by proper control of B nutrition.
抄録(別表記)  B(ホウ素)は植物にとって必須な微量要素であり,イチゴの受精不良果発生要因の1 つである.そこで2015年度と2016年度の2 回にわたりB 欠乏がイチゴの受精不良果発生に及ぼす影響について調査した.また,2016年度はB 欠乏処理後にB 回復処理を行い,その後のイチゴの果実形態の変化についても調査した.その結果,B欠乏処理を行うと蒸散機能の低い新葉や花芽においてチップバーンが発生し,種浮き果や部分不受精を主とした受精不良果が多発した.しかし,B 回復処理を行うことでこれらの症状が改善することが明らかになった.B は受精不良果発生に関係しており,欠乏条件下で根から吸収させると急速に若い成長中の組織に転流することが示されたことから,B 栄養をコントロールすることでB 不足によるイチゴの受精不良果発生を軽減できる可能性があると考えられる.
キーワード floral organs Fragaria × ananassa Duch. pistil fertility receptacle growth seedy fruit
備考 原著論文 (Original paper)
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
発行日 2019-02-01
108巻
出版者 岡山大学農学部
出版者(別表記) The Faculty of Agriculture, Okayama University
開始ページ 5
終了ページ 13
ISSN 2186-7755
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 4
Eprints Journal Name srfa
タイトル(別表記) Synthetic studies of ancistrocladinium A and B, antileishmanial compounds isolated from a Congolese Ancistrocladus Species
フルテキストURL srfa_108_001_004.pdf
著者 清田 洋正| 齋藤 昭人| 高井 桃子| 桑原 重文|
抄録 Synthetic studies of ancistrocladinium A and B, antileishmanial compounds isolated from a Congolese Ancistrocladus sp., are described. Buchwald‒Hartwig coupling reaction between the dihydroisoquinoline and the naphthyl triflate failed. The main framework of ancistrocladinium A was constructed by 1,2‒addition of the amine to the naphthoquinone in the presence of celium trichloride as a catalyst. On the other hand, 1,4‒addition of the amine to the naphthoquinone proceeded without catalyst to form the framework of B. These products will be valuable leads for antileishmanial agents.
キーワード ancistrocladinium A and B synthetic studies leishmania, Ancistrocladus isoquinoline
備考 原著論文 (Original paper)
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
発行日 2019-02-01
108巻
出版者 岡山大学農学部
出版者(別表記) The Faculty of Agriculture, Okayama University
開始ページ 1
終了ページ 4
ISSN 2186-7755
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 3
Eprints Journal Name srfa
フルテキストURL srfa_108_contents.pdf
著者 岡山大学農学部|
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
発行日 2019-02-01
108巻
出版者 岡山大学農学部
ISSN 2186-7755
資料タイプ その他
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 2
Eprints Journal Name srfa
フルテキストURL srfa_108_cover.pdf
著者 岡山大学農学部|
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
発行日 2019-02-01
108巻
出版者 岡山大学農学部
ISSN 2186-7755
資料タイプ その他
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 1
Eprints Journal Name srfa
フルテキストURL srfa_107_contents_eng.pdf
著者 岡山大学農学部|
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
発行日 2018-02-01
107巻
出版者 岡山大学農学部
ISSN 2186-7755
資料タイプ その他
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 9
Eprints Journal Name srfa
フルテキストURL srfa_107_colophon.pdf
著者 岡山大学農学部|
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
発行日 2018-02-01
107巻
出版者 岡山大学農学部
ISSN 2186-7755
資料タイプ その他
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 8
Eprints Journal Name srfa
タイトル(別表記) The List of Published by Members of the Faculty From January to December 2017
フルテキストURL srfa_107_025_039.pdf
著者 岡山大学農学部|
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
発行日 2018-02-01
107巻
出版者 岡山大学農学部
開始ページ 25
終了ページ 39
ISSN 2186-7755
資料タイプ その他
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 7
Eprints Journal Name srfa
タイトル(別表記) Non-surgical Transfer Method of Elongating Bovine Conceptus
フルテキストURL srfa_107_019_024.pdf
著者 木村 康二|
抄録  The objectives of the present study were to establish a non-surgical transfer method for elongating bovine conceptuses and to combine this method with biopsy and sexing. Bovine conceptuses were recovered from donor cows on day 13-14 of the estrus cycle. In experiment 1, day 13 conceptuses were transferred to recipient cows using a standard day 7 embryo transfer (ET) method. The pregnancy rate of day 13 conceptus transfer (CT) is comparable to that of day 7 ET. In experiment 2, day 14 conceptuses were transferred using modified methods (balloon catheters or ET guns with modified sheaths). Using the standard ET method, no pregnancies were obtained;however, when balloon catheters or ET guns with modified sheaths were used, the pregnancy rates after CT were 48.0% and 44.8%, respectively. In experiment 3, day 14 conceptuses were biopsied without a micromanipulator, sexed using the loop-mediated isothermal amplification (LAMP) method, and transferred to recipient cows. The pregnancy rate of biopsied conceptuses was 46.2% and did not differ significantly from that of unbiopsied with conceptuses. Moreover, all pregnant cows transferred conceptuses following biopsy and sexing delivered calves with the expected sexes. These results suggested that the non-surgical bovine conceptus transfer (CT) method was comparable to day 7 ET, and that this technique enables biopsy and sexing without expensive equipment such as a micromanipulator or specialized skills.
キーワード conceptus biopsy
備考 研究紹介 (Research Report)
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
発行日 2018-02-01
107巻
出版者 岡山大学農学部
開始ページ 19
終了ページ 24
ISSN 2186-7755
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 6
Eprints Journal Name srfa
タイトル(別表記) Virus-induced gene silencing in Prunus fruit tree species with the Apple latent spherical virus vector
フルテキストURL srfa_107_011_017.pdf
著者 河井 崇|
抄録 Virus-induced gene silencing (VIGS) has been used as a rapid and effective tool for functional analysis of genes in various plants, including woody fruit tree species. In this study, we attempted to develop a VIGS-based gene evaluation system for seven Prunus species, including apricot (P. armeniaca L.), sweet cherry (P. avium L.), almond [P. dulcis (Mill.) D. A. Webb.], peach (P. persica Batsch), Japanese apricot (P. mume Siebold & Zucc.), Japanese plum (P. salicina Lindl.), and European plum (P. domestica L.), with the Apple latent spherical virus (ALSV) vectors. ALSV vectors carrying part of the apricot PHYTOENE DESATURASE (PDS) gene sequence were amplified in Nicotiana benthamiana, and inoculated into the cotyledons of Prunus seedlings by particle bombardment. Typical PDS-silenced phenotypes, characterized by uniform discoloration of the upper leaves, were observed in sweet cherry and some cultivars of apricot and almond several weeks after inoculation. In contrast, attempted ALSV infections of Japanese apricot, Japanese plum, European plum, and the other cultivars of apricot and almond were unsuccessful. Furthermore, although the infection rate of ALSV in peach was high, severe viral infection symptoms were observed in the infected leaves. These results collectively suggested that the efficiency of ALSV infection and VIGS could vary depending on species and/or cultivar in Prunus. The possible use of the ALSV-mediated VIGS system for functional analysis of genes in Prunus is discussed.
キーワード gene evaluation system post-transcriptional gene silencing virus vector
備考 研究紹介 (Research Report)
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
発行日 2018-02-01
107巻
出版者 岡山大学農学部
開始ページ 11
終了ページ 17
ISSN 2186-7755
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 5
Eprints Journal Name srfa
タイトル(別表記) Alzheimer’s disease : Relationship between the Alzheimer’s disease and human microbiome
フルテキストURL srfa_107_005_010.pdf
著者 藤井 祐介| 森田 英利|
抄録 Alzheimer’s disease (AD) is a progressive, neurodegenerative disease characterized by memory and language disorder. The accumulation of senile plaques called β-amyloid and neurofibrillary tangles involving protein tau in the brains of AD patients have been considered as two hallmarks of AD. In AD, it is reported that accumulation of β-amyloid may be observed 25 years before onset, supporting early diagnosis and treatment by brain image analysis, because several techniques have recently been developed to detect β-amyloid and tau protein in brains of persons diagnosed with AD. AD patients are usually suffering from other diseases such as diabetes or periodontal disease, and there is accumulating data to show that these diseases associate with the human microbiome, such as gut and oral microbiota. In this report, the relation ship between AD and the human microbiome is reviewed.
備考 総説 (Review article)
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
発行日 2018-02-01
107巻
出版者 岡山大学農学部
開始ページ 5
終了ページ 10
ISSN 2186-7755
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 4
Eprints Journal Name srfa
タイトル(別表記) Effects of Olibanum and Tea-tree, used in Aromatherapy today, on the Body and Mind
フルテキストURL srfa_107_001_003.pdf
著者 浅田 昌古| 酒井 貴志| 清田 洋正|
抄録 Olibanum (frankincense), used as a religious offering, has been one of the most valuable and respected substances since ancient times. Tea-tree, with a long history as a folk medicine for Australian aborigines, has been used in modern aromatherapy since the late 1970’s. In this paper, comparisons of olibanum and tea-tree in aromatherapy and their effects on the body and mind are discussed.
キーワード flavor and fragrance frankincense aromatherapy monoterpenoids
備考 原著論文 (Original paper)
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
発行日 2018-02-01
107巻
出版者 岡山大学農学部
開始ページ 1
終了ページ 3
ISSN 2186-7755
資料タイプ 紀要論文
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 3
Eprints Journal Name srfa
フルテキストURL srfa_107_contents.pdf
著者 岡山大学農学部|
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
発行日 2018-02-01
107巻
出版者 岡山大学農学部
ISSN 2186-7755
資料タイプ その他
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 2
Eprints Journal Name srfa
フルテキストURL srfa_107_cover.pdf
著者 岡山大学農学部|
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
発行日 2018-02-01
107巻
出版者 岡山大学農学部
ISSN 2186-7755
資料タイプ その他
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
Sort Key 1
Eprints Journal Name srfa
著者 岡山大学農学部|
発行日 2017-02-01
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
106巻
資料タイプ その他
著者 岡山大学農学部|
発行日 2017-02-01
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
106巻
資料タイプ その他
著者 岡山大学農学部|
発行日 2017-02-01
出版物タイトル 岡山大学農学部学術報告
106巻
資料タイプ その他