このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 46928
フルテキストURL
タイトル(別表記)
A MAC-address Relaying NAT Router for Host Identification from Outside of Internal Network
著者
山井 成良 岡山大学情報統括センター
村上 亮 岡山大学大学院自然科学研究科
岡山 聖彦 岡山大学情報統括センター
中村 素典 国立情報学研究所
抄録
IPv4アドレスの枯渇問題の軽減策の1つとして,NAT(Network Address Translation)がある.NATは複数の内部ホストが1つのグローバルIPアドレスを共用できるため,必要なグローバルIPアドレスの数を節約できる.しかし,外部ネットワーク側では個々の内部ホストを識別できないため,たとえば外部ネットワーク側でアクセス制御を行うと,1台の内部ホストが外部ネットワークに対するアクセス許可を受けただけで他の内部ホストまで外部ネットワークにアクセス可能な状態になるなどの問題が生じる.そこで,本論文ではデータリンク層での送信元識別子である送信元MACアドレスが基本的にはレイヤ2機器のMACアドレス学習機能にしか使われていない点に着目し,内部ホストから送信されたフレームに含まれる送信元MACアドレスをそのまま外部ネットワーク側に中継する機能を持つNATルータを提案する.本提案に基づいて試作したNATルータを評価した結果,MACアドレスに基づいて内部ホストを個別にアクセス制御でき,また十分なスループットが得られることを確認した.
抄録(別表記)
As an alleviation method against IPv4 address exhaustion problem, NAT (Network Address Translation) has been commonly used. Since NAT allows many internal hosts to share one single global IP address, it can save the number of required global IP addresses. However, with NAT, each internal host cannot be identified from the external network. Consequently, if access control system on external network would permit network access from one internal host, it automatically would permit all network access from any other internal hosts as well, for example. In this paper, we propose a NAT router with MAC address relaying function that copies the source MAC address of receiving frames sent by internal hosts into frames sent to the external network since source MAC addresses, which are the sender identifiers in data link layer, are basically unused except for MAC address learning function of layer 2 switches. According to the results of experiments, we confirmed that the prototype NAT router with MAC address relaying function allows access to external networks by internal hosts to be controlled individually based on MAC address and obtains high throughput as well.
発行日
2011-03-15
出版物タイトル
情報処理学会論文誌
出版物タイトル(別表記)
IPSJ Journal
52巻
3号
出版者
情報処理学会
出版者(別表記)
Information Processing Society of Japan
開始ページ
1348
終了ページ
1356
ISSN
1882-7837
NCID
AA12317677
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
http://id.nii.ac.jp/1001/00073629/
言語
Japanese
著作権者
ここに掲載した著作物の利用に関する注意 本著作物の著作権は情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。Notice for the use of this material The copyright of this material is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ). This material is published on this web site with the agreement of the author (s) and the IPSJ. Please be complied with Copyright Law of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce, make derivative work, distribute or make available to the public any part or whole thereof. All Rights Reserved, Copyright (C) Information Processing Society of Japan.
論文のバージョン
publisher
査読
有り