このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 56743
タイトル(別表記)
カプセル化は間葉系幹細胞の抗うつ作用を高め、難治性うつ病モデルラットに行動学的改善をもたらす
フルテキストURL
著者
金 恭平 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科
備考
岡山大学審査学位論文
Published in Molecular Psychiatry. doi: 10.1038/s41380-018-0208-0(2018)
発行日
2019-03-25
資料タイプ
学位論文
学位授与番号
甲第5902号
学位授与年月日
2019-03-25
学位・専攻分野
博士(医学)
授与大学
岡山大学
学位論文本文
学位論文(フルテキストURL参照)
関連URL
isVersionOf https://doi.org/10.1038/s41380-018-0208-0
言語
English
論文のバージョン
ETD
Grant ID
15301甲第5902号
PubMed ID